このページの先頭です
第三吾嬬小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 第三吾嬬小学校 の中の 学校の紹介 の中の 校長あいさつ Greetings from Principal のページです。

本文ここから

校長あいさつ Greetings from Principal

更新日:2020年4月1日

 開校145周年 墨田区立第三吾嬬小学校ホームページへようこそ。
 第25代校長の川中子(かわなご)登志雄です。
 三吾(さんあづ)小は、明治8年、地域の皆様の、子どもたちに教育を受けさせたいという強い願いから生まれた、今年で145年の歴史を誇る伝統校です。この間に、関東大震災や太平洋戦争の東京大空襲などの苦難を乗り越え、地域に愛され、地域とともに発展してきた学校です。
 「すべてはみんなの笑顔のために」のスローガンのもと、三吾小に集まる子どもたち、保護者・地域の皆様、そして教職員も含め、すべての人たちがいつも笑顔でいられる、そんな学校をめざしてまいります。皆様のあたたかいご支援を、よろしくお願いいたします。

             墨田区立第三吾嬬小学校
                 校長  川中子 登志雄

Welcome to our website!
I am KAWANAGO Toshio, the 25th principal of Daisan-Azuma Elementary School, Sumida Ward, Tokyo.
Daisan (The Third) Azuma Elementary School was established on April 13th, 1875, by the earnest desire of the people of the surrounding village, who wanted their children to be educated at school. It is 144 years old this year. During that long history, the school suffered severely from hardships like the Great Kanto Earthquake and the Great Air Raid over Tokyo during the Second World War. However, the people, who loved the school very much, always protected and supported it. San-azu-sho is a school that has been developed by/with the people of this town.
I will try to make this school better and full of smiles for all the people who gather here, under the slogan, "Everything is for everyone's smile!"
I would like your kind understanding and support for the purpose of a good school education.

KAWANAGO, Toshio

Principal, Daisan-Azuma Elementary School,
Sumida Ward, Tokyo

校長
校長室にて

学校教育目標 The New School Educational Goals

令和元年(平成31年4月)、新しい時代の幕開けにあわせて、これまで半世紀以上に渡って掲げられてきた学校教育目標を、新たに改定いたしました。


新学校教育目標(平成31年4月制定)

We have revised our school educational goals, which had been set for more than a half century; adapting to the beginning of the new era, in April, 2019!

Daisan-Azuma Elementary School Educational Goals (Established in 2019)

INDEPENDENCE: A person who learns, thinks and acts independently
LIVING TOGETHER: A person who lives together with Omoiyari (Sympathy)
HEALTH: A person who has a supple and strong mind and body

令和元年度卒業式 校長式辞

校長室動画通信は コチラ https://www.youtube.com/watch?v=dM1l6o6lYEM


『地球のかぞく』に合わせて

式辞
 私が今日話したい話は、3番まであります。
 令和元年度卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 これまで誰も経験したことのない、このような状況の中ですが、先ほど皆さん一人一人に、無事卒業証書をお渡しすることができました。本来なら、皆さんのご家族の方や、いつも皆さんを見守ってくださった町の方々と共に、このおめでたい門出の時をお祝いしたかったのですが、皆さんや他の方々の健康を最優先に考えなければなりませんでした。
 さて、私は皆さんとは、5年生の時からのお付き合いでした。皆さんとの思い出はたくさんありますが、中でも、皆さんと一緒に寝食を共にした時のこと、粟野でマスつかみをしたり、大雨の中を象の鼻目指して歩いたことや、日光の大自然の中をハイキングしたり東照宮を見学した時のことを、今でもよく覚えています。
 皆さんの、この2年間での成長は目を見張るものがありました。それは、運動会や音楽会などの学校行事での活躍はもちろんのこと、H先生やS先生、そして仲間と共に学びあった、日々の授業で見せてくれた、あの真剣な眼差しによく現れていました。皆さんは、いつだって大変立派な第三吾嬬小学校の最上級生でした。

 皆さんが最上級生となった「令和元年度」は、いろんな意味で後の世に語り継がれていくであろう歴史的な年となりました。日本では、平成から令和へと元号が変わり、新しい時代が幕を開けました。時を同じくして、第三吾嬬小学校では、新たな学校教育目標を制定しました。
自立 自ら学び、考え、行動する人
共生 思いやりをもち、共に生きる人
健康 しなやかで丈夫なこころとからだをもつ人
 私は皆さんに、この第三吾嬬小学校で学ぶことを通して、教育目標に掲げた姿を実現してほしいと望んでいました。自立、共生、健康は、どれも大切で、どれが欠けてもいけませんし、どっちの方がより大切だとも言い難いものです。
 皆さんは、最上級生として本当にこの目標に向かって、よく努力していましたね。毎週の朝礼では、皆さんの代表が全校児童にこの目標を唱えさせてくれました。私は、よくみなさんが、普段の学校生活の中でこの目標に合わせて、自分が頑張ることを決めたり、振り返りをしたりしていたのを見ました。そして、私は、皆さんの卒業文集の原稿を全て読ませてもらいましたが、多くの人がこの目標に触れていたのを見て、深い感動を覚えました。
 皆さんは、この目標に向けて学校生活を送る中で、本当に「教養と品格と」を備えた立派な人に成長してくれました。私は、校長として皆さんのことを心から誇りに思います。
 そんな皆さんの様子がことさら顕著に見られたのは、なんと言っても秋の音楽会でしたね。皆さんはただ美しい音楽を演奏したのではなく、音楽を通して私たち一人一人に最も大切なことを伝えようとしていました。
 皆さんがあの演奏を通して伝えたかったのは何ですか? 皆さんはあの時、こう言っていましたね。
「歌詞の意味や、作者の思いを考えました。詩の意味や思いをどのように表現したらよいかみんなで悩みました。私たちの答えを、歌で表現します。それでは、お聴きください。」
 私は、あの時、皆さんの出した「答え」を聴きながら、深い深い感動に包まれました。何故なら、私たちが学校での教育を通して伝えたかったことを、皆さんはしっかりと受けとめ、教育目標が目指す姿を体現していたからです。
 先程、教育目標の目指す三つの姿は、どれも大切で、こっちの方がより大切だとは言い難いと話しましたが、今日このような特殊な状況の中で門出の時を迎えた皆さんに、敢えて伝えたいのは、やはり、この先の人生で何よりも大切にしていってほしいのは、皆さんがあの『地球のかぞく』を歌って出した答え、「共生」です。
 あの歌に出てくる私たちの身の回りにあるすべてのものは、あるのが当たり前だと思ってしまいがちですが、それは、本当は奇跡的なことであり、私たちは、この地球上で共に生きる仲間であるということ、今、生きていることに、生かされていることに感謝を忘れず、思いやりをもって、共に生きていくことが、これからの皆さんにとって最も大切なことです。

 それは、これまでにも何度も話してきたように、「自分と考え方や習慣が違う様々な人と共に生きること」であり、「地球上のすべての命、  動物、植物、そして今まさに問題になっているウイルスのようなものまでも含めた、すべての命と共に生きること」であり、「地球の環境そのものと共に生きること」なのです。それを成し遂げるために、私たちに必要なのが「思いやりの心」です。

 今、世界は、これまでに経験したことのないような危機に直面しています。それでも、人間は、この危機を必ず乗り越えることでしょう。それは、人間には人の痛みを知り、命を守りたい、という「思いやりの心」があるからです。

私たちは、これからも様々な危機や困難に遭遇することでしょう。そんな時、私たちは、みんなで知恵を出し合い、違いを超えて話し合い、問題を解決していかなければなりません。そのためにまず、自ら学び、考え行動できるようにならなければならないし、しなやかで丈夫なこころとからだをもっていなければなりません。しかし、何よりも大切なのは、思いやりをもち、共に生きることです。

 今日、第三吾嬬小学校を卒業し、新たな世界へと旅立つ皆さん

これからも、「自立」「共生」「健康」を忘れずに自分に磨きをかけていってください。

令和2年 3月24日

墨田区立第三吾嬬小学校長

川中子登志雄

 


Graduation Ceremony Address

The message I’m going to send to you today has three verses.

Congratulations to you, the graduates of the class of 2020.

Fortunately, I was able to you the diploma, even during such a serious situation that nobody has experienced before. I hoped to properly celebrate your graduation with your parents and the people in the town who have always cared for you. However, I had to put the highest priority on everyone’s health.

By the way, I have known you since you were in the 5th grade. I have so many memories about you, but above all, I remember the days I shared board and room with you; catching trout and walking toward the rock called ‘The Nose of An Elephant’ in heavy rain in Awano, hiking in the beautiful nature and visiting Toshogu Shrine together in Nikko.

You have grown up well during these past two years. I could see that, not only in your splendid service and work in the big events like Sports Day and Music Festival, but also in your daily times of studying with Mr. Hara, Ms. Sakamoto, and your classmates. Your eyes were shining vividly. You have always been the great ‘6th grade students’ of our school.

The year you became the 6th graders was a special year, which will be handed down from generation to generation. In Japan, the imperial era name has changed from Heisei to Reiwa and a new era has begun. At the same time, we changed the school’s educational goals.

Independence: A person who learns, thinks and acts independently

Living Together: A person who lives together with sympathy

Health: A person who has supple and strong mind and body

I have wanted you to achieve these goals while you studied at our school. Each of those points, independence, living together and health is important. None of them is replaceable, and we can hardly say that one of them is better than the others.


一人一人に証書を渡しました

You really made an effort for these goals. During every morning assembly on Mondays, you recited the goals in front of all the students. I saw that you were trying to make your own goals for your daily lives and reviewed what you had done from time to time. Also, I read your compositions for your graduation, in which many of you wrote about the school educational goals. That moved me a lot.
You have become great students who have liberal arts and dignity. I, as the principal of the school, am very proud of you all.

  The music festival last fall was a great opportunity we could see how awesome you are. You didn’t just play beautiful music, but tried to express the most important thing for us all.
What was it that you tried to express with the performance? You said this:

“We have thought of the content of the lyrics and the hope of the composer’s. We had agonized how to express the meanings of the lyrics. Today we’ll show you the answer we made by singing it. Please listen.”

At that time, while I was listening to your ‘answer,’ I was filled with strong emotion. That’s because you received what we wanted to teach you and realized the aspects of the school’s educational goals.

I just mentioned that none of the three goals is replaceable, and we can hardly say that one of them is more important than the others. However, in the special situation like this, I dare to tell you that what I want you to cherish in your life is ‘Living Together,’ the answer you made by singing the song, “The Family of The Earth.”

  We tend to think that it’s natural that all the things in the lyrics are around us. It’s not natural, but miraculous. You must cherish the ideas that we all are family and friends on earth, and that we live with sympathy and gratitude life, and we are kept alive. That’s the most important thing to live on.
It is, as I have told you a lot, to live together with other people that have different ways of thinking and different customs. It is to live together with all the lives, animals and plants and even viruses we are suffering from at the present moment. It is to live together with the environment of the earth. In order to achieve this goal, what we need is Omoiyari, sympathy.
Now we are facing the crisis that we have never experienced before. Yet, I believe that human beings will overcome this difficulty. That’s because we have sympathy that we know the pain of others, and want to save the lives of others.
We will face various kinds of crises and difficulties from now on, too. During those times, we must show wisdom together, discuss together to get over diversities, and solve problems we will have together. For that, we must become ones who learn, think and act independently, and who have a supple and strong mind and body. And moreover, we must live together with sympathy.
To you who are leaving Daisan-Azuma Elementary School for the new world today, please remember and devote yourself to achieve the goals; Independence, Health and Living Together.

March 24th, 2020
KAWANAGO Toshio, Principal, Daisan-Azuma Elementary School, Sumida City, Tokyo

『地球のかぞく』 The Family of The Earth  (6年生が音楽会で歌った歌) 石原一輝・作

空のとなりに海があり
  Next to the sky is an ocean
海のとなりに山がある
  Next to the ocean are mountains
山のとなりに森があり
  Next to the mountains is a forest
森の中では鳥がとぶ
  And in that forest, birds fly
まるい地球をわけあいながら
  We all live together like a family
かぞくのように すんでいる
  Sharing this round Earth.

川のとなりに丘があり
  Next to the river is a hill
丘のとなりに花がある
  Next to the hill are flowers
花のとなりに草があり
  Next to the flowers is grass
草のそばでは虫がなく
  And by the grass, bugs chirp
おなじ地球でやすらぎながら
  We all live together like a family
かぞくのように いきている
  On this same Earth, at ease

道のとなりに家があり
  Next to the road is a house
家のとなりに村がある
  Next to the house is a village
村のとなりに町があり
  Next to the village is a town
町をこえれば国がある
  And around the town is a nation
あおい地球にまもられながら
  We all go round like a family
かぞくのように まわってる
  Protected by the blue Earth

令和元年度 校長「語らいサロン」の様子 

平成30年度 卒業生へ贈るメッセージ  「卒業式・校長式辞」より


20日・予行

 卒業生の皆さん、私と皆さんとの出会いは、ちょうど1年前のことです。まだ5年生だった皆さんが、体育館で卒業式の練習をしている姿を見る機会がありました。それから、新年度になり、金谷前校長先生のあとを継いで、私が第三吾嬬小学校の校長として着任しました。入学式の前日準備の時、すでに最高学年として大変立派な態度で積極的に働き、新しい校長である私を、温かく迎え入れてくれたことに胸が熱くなりました。
 それからの1年間、皆さんとはたくさんの素晴らしい思い出を作り上げることができました。日光移動学習教室で一緒に素晴らしい時を過ごしたことや、運動会や学芸会で皆さんが見せてくれた、本気の演技はどれも忘れられない思い出です。また、普段の授業中の学習態度や委員会やクラブ活動、縦割り班活動で見せてくれたリーダーシップは、三吾小の最高学年として、いつも大変立派なものでした。
 しかし、そんな皆さんもすべてが順調にここまで成長してきたわけではなかったそうですね。先日の謝恩会の時に前任の金谷校長先生が、皆さんが「心のカゼ」を引いていたというお話をしてくださいました。確か、日光のレク大会の中でも、みなさんの中から、5年生の時の自分たちはおかしかった、あれはだめだったと、涙ながらに訴える人がいました。そして、あのとき、感動の中で、この1年で自分たちはしっかり立ち直るのだと決意しましたね。そうして、皆さんは確かに立ち直ったばかりか、下級生の最良の見本となる、素晴らしい最上級生になってくれました。
 そんな皆さんとも、あと二日でお別れです。皆さんの卒業に際し、私が餞の言葉として選んだのは、20世紀の最大の物理学者であるアルベルト・アインシュタイン、英語よみではアルバート・アインスタイン、の言葉です。
 Learn from yesterday; live for today; hope for tomorrow.
 The important thing is not to stop questioning.
  (昨日から学び、今日のために生き、明日への希望をもちなさい。
  大切なのは、問いかけることをやめないこと。)
 今日と、卒業式の日の2回に分けて、私がなぜこの言葉を皆さんに贈ろうと思ったのかを話します。
 アインシュタインは、ウルムと言うドイツ南西部の小さな町で、ユダヤ人の家庭に生まれました。20世紀最大の天才と呼ばれたアインシュタインでしたが、小学校に居る時分、学校では先生に質問されてもいつもうまく答えられず、「のろま」と呼ばれ、馬鹿にされていたそうです。
 実は、5歳までまともに話をすることができずに、ご両親はとても心配して、お医者さんに相談もしたんだそうです。
 しかし、アルベルトは5歳のあるとき、突然すらすらと話し始めました。お父さんから方位磁石をもらって、磁石の針がいつも同じ方向を指すことにとても興味をもったことが、話せるようになったきっかけと伝えられています。アルベルトは、方位磁石を見てずっと考え続けました。そして、磁石の針がいつも同じ方向を指すのは、自分たちの目には見えないけれど、何らかの力がそこに働いているからだと気付いたそうです。そうです。17世紀に、ニュートンというイギリスの科学者が「万有引力」を発見したのと同じように、私たちの目には見えない何らかの力が存在していることに、彼は5歳の時に気がついたということです。また、あるとき、アインシュタインは、この世でもっとも速く動くものは光だということを学び、ある疑問をもちました。それは、光と同じくらい速い乗り物があったとして、それにのって光が進むのを見たとき、光はどんな風に見えるのだろうというものです。
 そんな疑問を常に持ち続けたアインシュタインは1905年、明治38年に「特殊相対性理論」を発表し、それまで一定で変化はないと思われていた、「時間」や「空間」が、ある状態では、速くなったり遅くなったり、伸びたり縮んだりするということを見つけ出しました。その後、その理論をさらに発展させて「一般相対性理論」を発表し、そして1922年には、ノーベル物理学賞を受賞しました。アインシュタインは、それまでの人類の、宇宙の見方を、全く新しいものに変えてしまったのです。
 アインシュタインは、まさに「過去から学び、現在のために生き、未来への希望を持ち続けた人です。疑問をもって、それをとことん考え続けた人です。また、彼は、常に感謝の気持ちを忘れない人だったとも伝えられています。
平成31年3月20日  墨田区立第三吾嬬小学校長  川中子登志雄


25日・卒業式

 春のこの良き日、墨田区 危機管理担当部長・S.T.様をはじめとする多くのご来賓の皆様にご臨席を賜り、本校の第143回目となる卒業式を、このように挙行することができましたことに、心より感謝申し上げます。
 保護者の皆様。本日は、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。お子様の、このようにすばらしい成長の姿を目(ま)の当たりにして、保護者の皆様の深い愛情に、改めて敬意を表します。
 さて、卒業生の皆さん、ただ今皆さん一人一人に卒業証書をお渡ししました。証書を受け取る皆さんの瞳には、三吾小での、6年間の学びの成果と自信が輝いていました。それを見て、私は今、心より「卒業おめでとう」と伝えたいのです。
 皆さんはいつも私の誇りでした。ここで、皆さんの自慢を一つ紹介しましょう。あれは、10月のオリンピック・パラリンピック教育特別授業で、パラリンピック・車いすバスケットボール元日本代表の京谷和幸さんを学校にお呼びした時のことです。元々、プロサッカー選手だった京谷さんが、事故で下半身不随になるも、夢をあきらめず、車いすバスケットボールの選手として復活を遂げたお話を、ご自身の体験から熱く語られました。そのときの皆さんのらんらんと輝く瞳と、身を乗り出して聞く姿勢は大変素晴らしく、そのあとの、車いすバスケットボール体験も、皆さんは心から楽しんでやっていました。
 授業の後、応接室で皆さんの感想を尋ねたところ、講演で、日本全国の学校を訪問している京谷さんが、真剣な表情で、「お世辞抜きで、今まで伺った学校で一番素晴らしいこどもたちだった」とおっしゃいました。みなさんはそういう明るく素直で、前向きな人たちでした。

 皆さんは、今日、6年間を過ごしてきた母校を巣立っていきます。私は、第三吾嬬小学校の校長として、これまで皆さんに、「学ぶ」ということを通して、思考力・判断力・表現力と行動力を身に付けさせたい、教養と品格とを身に付けさせたいと考えてきました。ですから、これから新しい世界へと羽ばたいていく皆さんへの餞に、二十世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタインの言葉を贈ることにしました。

Learn from yesterday; live for today; hope for tomorrow
The important thing is not to stop questioning.
昨日から学び、今日のために生き、明日への希望をもちなさい
大切なのは、問いかけることをやめないこと 

 アインシュタインの言った、「昨日から学べ」というのは、人類がこれまでに培ってきた知恵と技術を、この歴史を今一番最後に生きている自分たちがしっかりと学び、受け継ぎなさいということです。
 「今日のために生きよ」とは、過去を振り返ってくよくよしたり、未来の心配ばかりしたりするのではなく、今、この瞬間を、精一杯生きなさいということです。
 そして、「明日への希望をもて」とは、私たち自身が明るい未来を創造していくのだという、決意そのものに他なりません。
 そして、そのために大切なのが、「なぜだろう、どうしてだろう、どうしたらいいんだろう」と、疑問を常にもちつづけること、そしてあきらめずに考え抜くことだとアインシュタインは、自身の生き方を通して私たちに教えてくれているのです。
 先日、アインシュタインがどういう人だったかというお話をしました。相対性理論を確立し、ノーベル物理学賞を受賞したこと。アインシュタインの前と後とでは、人類のものの見方・考え方が、まったく新しいも
のに変わってしまったということを話しました。

思いやりの上に立つ教養と品格と

 しかし、アインシュタインが活躍した20世紀初頭から半ばにかけては、二つの世界大戦があった悲しい時代でもありました。アインシュタインがノーベル賞を受賞した後のヨーロッパは、次第に新たな戦争の気運が高まり、母国ドイツでは、ヒトラー率いるナチス・ドイツが政権を取り、侵略と、ユダヤ人への迫害が始まろうとしていました。そして1939年、とうとう第二次世界大戦が勃発。世界中でたくさんの人たちが犠牲になりました。
 戦争が、どんどん悪化していく中で、なんと、アインシュタインが導き出したしたE=MC2という数式を使って、人類がそれまで経験したことのない、恐ろしい兵器が生まれようとしていました。
 その後、戦況は連合軍が優勢となり、ナチス・ドイツが降伏しヨーロッパの戦争は終結します。しかし、そのとき、まだ闘いを続けていたのが、日本でした。
 アメリカはアインシュタインの理論を具現化した、おそろしい兵器「原子爆弾」の開発に成功していました。そして、皆さんもご存じの通り、完成していた原子爆弾の二つが、広島と長崎に投下されたのです。
 ダイナマイトの開発で人類の発展に寄与したノーベルは、科学の発展を、人類の平和のためにこそ使えるようにとノーベル賞を作ったという話を、皆さんは朝礼で聞いたのを覚えていますか。アインシュタインも、自分の研究は人類の平和の発展のためと信じていました。しかし、そんな素晴らしい発見や研究も、それをどう使うか、使う人の考え方によって、人類を絶滅させてしまうような、恐ろしい兵器に生まれ変わってしまうのです。
 私は、皆さんにしっかり勉強して、賢くなってほしいと心から願っています。しかし、どんなに立派な知識を身に付けたとしても、それは「思いやり」の上に立つものでなければ、何の価値もないということを、改めて皆さんに伝えたいのです。 「思いやり」を大切にしてください。
 さあ、そんなことを思い出させてくれる、アインシュタインの言葉を、私は皆さんに覚えてもらいました。皆さんはよく頑張って、96名全員が、暗唱に合格することができました。今ここで、もう一度皆さんの声で、アインシュタインの言葉を聞かせてください。私が、日本語で言いますから、皆さんは英語で言ってみてください。いいですか?

 昨日に学び Learn from yesterday;
 今日のために生き Live for today;
 明日への希望を持ちなさい Hope for tomorrow
 大切なのは The important thing is
 問いかけることをやめないこと not to stop questioning

 ありがとう。これから、中学校へ行っても、「学ぶ」ということを通して、「思いやり」の上に立つ、真の教養と品格とを身に付けられるよう努力を続けてください。

結びに、この晴れやかな卒業生の門出に当たり、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様に改めて感謝申し上げますとともに、これまで本校の教育活動に深いご理解とご支援をいただきました地域や保護者の皆様に、心より感謝と御礼を申し上げ、私の式辞といたします。

 平成31年3月25日
  墨田区立第三吾嬬小学校長 川中子登志雄

Message to The Graduates 2019 (from the speeches of the graduation ceremony by the principal)

I am glad to be able to hold the 143rd graduation ceremony on this mild spring day, with a lot of guests from the city center and neighboring town. Dear parents of the graduates, I'd like to say congratulations to all of you, and express my respect to you, who have raised the students well. Thank you very much for your cooperation with our school.
To my dear students, who have just received a graduation certificate -- Congratulations! Since I arrived at this school last April, I could only spend time together with you for one year. Although that's a short time, I have a lot of wonderful memories. We went to camp in Nikko together. There we walked through the Senjo-ga-hara field, saw beautiful stars at night, and had a good time doing many games together. On the Sports Day and at the Cultural Festival, your performances were so great that we were all deeply moved. In the classrooms you always studied hard, and you took care of the younger students really well as the leaders of the school. I have been very proud of you all this time.
Among those good memories, what I can't forget even now was the time Mr. Kyoya Kazuyuki, an ex-Paralympic wheelchair basketball player, visited our school to give a lecture and share some wheelchair basketball experience. Being a very famous athlete, who travels all over Japan a lot, he said he has visited many schools in Japan. Mr. Kyoya taught us a lot of important things; "Having dreams is fun," "Never give up. Such attitudes bring about new meetings," "New meetings make us notice and learn important things," "It's important to be thankful for new meetings," etc. You listened to him very carefully, and enjoyed wheelchair basketball. After the special lesson, I asked what he thought about you. He said, really seriously, "They were the best students I ever met. I'm not flattering." You are beautiful students like that.

   You are leaving our school now. To you I've sent the words of A. Einstein, one of the greatest physicists of the 20th century. "Learn from yesterday; live for today; hope for tomorrow. The important thing is not to stop questioning." I asked you to learn these words by heart and recite them in front of me in January, and I'm really glad to say that all of you, 96 students in total, could pass the recitation trial.
As the principal of this school, I have always wanted you to acquire liberal arts and dignity. I wanted you to acquire those things through learning at school.
Einstein was a genius, who completed the theory of relativity. He gave the world a completely new view of the universe. In addition, he was a person who loved peace and hated war. He was a German Jew, and had to flee from Europe to the United States during the 2nd World War. However, while the world turned for the worse in that terrible conflict, a horrible weapon that mankind never had before was being created, ironically, based on the famous equation Einstein established. He was asked to sign the petition which made a proposal to the president of the United States that America must create atomic bombs before Nazis Germany made them. He signed it as one of the scientists who made the petition, reluctantly.
The war was over in Europe before they used the new horrible weapon. At that time, Japan was the only country that fought against the allied forces. The United States had already developed the new weapon. As you know, two of the atomic bombs they made were dropped over Hiroshima and Nagasaki.
When Einstein heard this tragic news, he grieved and lamented over the death of so many innocent people. He regretted that he had signed the petition and agreed to the development of atomic bombs.

   Nobel, of the Nobel Prize, created dynamite for the prosperity of mankind. You know dynamite is used to kill people, too. You probably remember hearing that during a morning assembly. Nobel established the Nobel Prize so that scientific developments are only meant to be used for human prosperity. Einstein also believed that his discovery was only for the peace of the world. However, like any discovery or area of study which seems wonderful; it can also be turned into horrible weapons that kill and destroy people's lives.
I really want you to study and learn to become wiser, from the bottom of my heart. However, even if you have learned the greatest knowledge and skills, it's only good and useful when it stands on omoiyari (sympathy). This is the very reason, I would like to tell you, that I gave you Einstein's words today.

I want you to recite the words here again. I'll say them in Japanese, so you say the words in English. OK? Let's try; Learn from yesterday. Live for today. Hope for tomorrow. The important thing is not to stop questioning. Thank you very much. Please try hard to acquire true liberal arts and dignity that stand on omoiyari, through learning, when you enter your junior high school.

In conclusion, I would like to express my gratitude to all the guests, and say thank you to all the parents and people of the town who supported our school education.

March 25th, 2019
Kawanago Toshio
Principal Daisan-Azuma Elementary School, Sumida City, Tokyo

「教養と品格と」

私の目指す学校教育に関連して、「基礎学問」の大切さについて大変わかりやすく説明がなされた記事がありましたので、ご紹介させていただきます。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構の村山斉教授が「NHK解説委員室」に寄せられたものです。下の写真をクリックして、リンク先のNHK解説委員室ホームページをご覧ください。2月20日(水曜日)にNHKのBS1で村山先生の講義が放映されます。下のバナーをクリックして、NHKの番組紹介をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

関連情報

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構教授 村山斉先生

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。BS1

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

第三吾嬬小学校

住所:〒131-0041 八広二丁目36番3号
電話:03-3617-7513
交通アクセス
Copyright(C) Daisanazuma Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る