このページの先頭です
柳島小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 柳島小学校 の中の スクールライフ の中の 給食便り の中の 今日の給食 のページです。

本文ここから

今日の給食

更新日:2022年7月20日

7月20日(水曜)の献立
<夏野菜のナポリタン・みそドレッシングサラダ・さくらんぼ>
夏休み前最後の給食は、(写真では隠れてしまって見えないのですが)夏が旬のズッキーニとピーマンが入ったスパゲティ・ナポリタンでした。たまねぎをよく炒めて甘みを出すこと、ケチャップだけでなくトマト缶も使ってトマトのうま味をより濃厚にすること、隠し味に粉チーズと溶かしバターを加えてコクを増すことがこだわりのポイントです。
今日のお昼の放送では、夏休み中の食生活の約束として「な(生ものに注意)・つ(冷たい食べ物・飲み物はとりすぎない)・や(野菜を毎食とる)・す(水分補給を忘れずに)・み(ミネラルをとる)」を伝えました。特に、給食が無い期間は牛乳を飲まず、カルシウムが不足してしまう児童が多いという調査結果があります。この機会に、1日1回、ご家族で牛乳を飲むことを習慣にするというのはいかがでしょうか。

7月19日(火曜)の献立
<ココアパン・さけのハーブ焼き・ポテトの香味和え・卵とトマトのスープ>
さけのハーブ焼きは、ローズマリーとバジルの2種類のハーブで香りよく仕上げました。
ポテトの香味和えは、粉ふき芋に塩・こしょう、青のりとすりゴマを加えて和えて作りました。
卵とトマトのスープは、ふわふわの卵と豆腐、旬のトマトとニラの入った、彩り豊かな汁物です。

7月15日(金曜)の献立
<高菜めし風チャーハン・酢じょうゆ和え・ミルク大学芋>
「食べて日本一周!郷土料理の旅」第8弾。今回は九州地方より、熊本県の「高菜めし」です。熊本県阿蘇地域で名産の漬物「高菜漬け」を刻んで炒め、白ご飯・炒り卵・白ごまと混ぜた料理ですが、今日の給食では、ひき肉、ちりめんじゃこ、野菜を加えてチャーハンにアレンジしました。高菜は「からし菜」の仲間で、わさびやからしの持つ辛味成分が含まれ、ピリッとした味が特徴です。また、キムチと同じく発酵させて作る漬物なので、独特のにおいもあります。高菜を初めて食べる児童が多く、「どれが高菜?」と探したり、最初の一口は恐る恐るという人もいましたが、おかわりする人も多く、よく食べていました。

7月14日(木曜)の献立
<ツナピザサンド・夏野菜のポタージュ・もやしのサラダ>
写真では見えませんが、パンの中には、ツナ入りのピザトーストの具が入っています。上からピザチーズをたっぷりのせてオーブンで焼きました。外はパリッ、中はふんわり食感でした。
夏野菜のポタージュには、夏に獲れるトマトとカボチャを使いました。また、夏でもおいしく飲めるように牛乳だけでなく豆乳を使い、あっさりと仕上げました。野菜の自然な甘味を感じられると共に、実は白いんげん豆のペーストも入っていて栄養満点の一品です。

7月13日(水曜)の献立
<サーモンピラフ・ミネストローネ・たっぷりフルーツゼリー>
サーモンピラフは、鮭の塩気がきいたうま味たっぷりのピラフです。
ミネストローネはイタリアの具だくさん野菜スープです。今日の給食では、フレッシュな生のトマトと、やわらかく煮られたトマトの缶詰の2種類のトマトを使い、粉チーズとローリエ粉を加えて味わい深く仕上げました。
デザートは、りんごジュースのゼリーの中に、みかん・黄桃・パイナップルの缶詰が入った、名前の通り果物をたっぷり摂れる一品です。

7月12日(火曜)の献立
<ねぎ塩豆腐丼・枝豆サラダ・ココア豆>
今日のサラダは、彩りよく茹でた枝豆と、キャベツ、にんじん、ホールコーン、ツナをシンプルなしょうゆベースのドレッシングで和えて作りました。
ココア豆は、水と砂糖を溶かしてフツフツと煮立たせたところに、煎り大豆をからめてココアパウダーをまぶして作ります。おいしく豆をたくさん摂れる栄養満点のおやつです。

7月11日(月曜)の献立
<冷やしラーメン・じゃがいもとかぼちゃのケチャップ和え・冷凍黄桃>
冷やしラーメンは、中華麺の上に、ボイルしたたっぷりの野菜をのせ、和風出汁で鶏肉・干ししいたけ・ねぎを煮て冷やしたスープをかけていただきました。暑い夏にピッタリのメニューだったのではないかと思います。
じゃがいもとかぼちゃのケチャップ和えは、ホクホク感を残して揚げ、ケチャップ・みそ・バター・砂糖を混ぜたタレをからめて作りました。
※都合により 冷凍みかん → 冷凍黄桃 に変更になりました。

7月8日(金曜)の献立
<ごはん・かつおの磯風味揚げ・おひたし・まめマメみそ汁(さやいんげん)>
7月はかつおの身に脂がのりはじめ、かつお漁も最盛期になり安く手に入れることができる時期です。また、かつおに多く含まれる良質なたんぱく質は疲労回復に役立つので、暑い時期の夏バテ予防に食べたいオススメの魚です。今日は、かたくり粉で衣をつけてカラッと揚げ、青のり入りの甘辛いみそダレをかけていただきました。

7月7日(木曜)の献立
<オムチキライス・星のマカロニスープ・ゼリー入りミックスフルーツ>
今日は「七夕」です。織姫と彦星が夜空で出会う物語が有名ですが、東京は夜でも街の灯りが明るく、残念ながら星がなかなか見えません。そこで今日の給食では、星空に想いを馳せながら食べてもらえるよう、マカロニスープに星型の米粉マカロニ、ミックスフルーツに星型のナタデココを散りばめました。フルーツといっしょに和えたゼリーは、爽やかなアセロラ味です。
オムチキライスは、オムライスのオムレツを炒り卵にアレンジした料理です。

7月6日(水曜)の献立
<クファジューシー・もずくスープ・サーターアンダギー>
「クファジューシー」は、豚肉のゆで汁を使った、コクのある炊き込みご飯です。具には肉・野菜・生の切り昆布が入っています。豚肉の脂気でつや良く炊き上がりました。
沖縄の揚げドーナツ「サーターアンダギー」は、上白糖に黒砂糖を加えて風味豊かに、卵は使わず豆乳と豆腐でしっとりと仕上げました。
また、沖縄県はもずくの生産量が日本一(そして世界一)ということで、かきたまスープはツルンとした食感のもずく入りです。

7月5日(火曜)の献立
<ごまココアトースト・カレービーンズシチュー・海藻サラダ>
ごまココアトーストは、マーガリン・砂糖・すりごま・ゴマペースト・ココアパウダーを練り混ぜたものを食パンに塗って、オーブンで焼きました。表面はザクザク、中の方はしっとりの2つの食感と、ごまの香ばしさがポイントです。ご家庭でも朝食やおやつにいかがでしょうか。
カレーシチューは、ご飯にもパンにも合うようにと作られた、学校給食生まれの料理だそうです。ゆるめに作ったカレーに牛乳を加えて煮ます。さらりとした口当たりながらも、コクとまろやかさのある味です。

7月4日(月曜)の献立
<回鍋肉丼・小魚のから揚げ・冬瓜と卵のスープ>
今月は厳しい暑さに負けないよう、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む「夏野菜」を多く取り入れた献立になっており、今日の回鍋肉丼にはピーマンと赤パプリカ、スープには冬瓜が入っています。
冬瓜は皮が厚くて水分が逃げにくく、冬まで長持ちするため「冬の瓜」と書きますが、収穫時期は夏。汗をかくと流れ出てしまう水分やカリウムを効率よく補給できる食品です。
今日の小魚は、メヒカリを使いました。頭と内臓を取り除かれていて、身も骨もやわらかいので、食べやすかったのではないかと思います。

7月1日(金曜)の献立
<ごはん・さわらのスパイシー焼き・磯香和え・五目みそスープ>
さわらのスパイシー焼きは、しょうが・にんにく・酒・しょうゆ・ケチャップ・カレー粉を混ぜたタレで味をつけて、こんがりと焼きました。
磯香和えは、刻み海苔と出汁しょうゆを野菜と和えて作ります。
スパイスの香り、磯の香りなど、料理に香りを足すと、塩分を抑えてもおいしくいただくことができます。

6月20日(月曜)の献立
<トビウオのドライカレーライス・海藻サラダ・きな粉クッキー>
「トビウオ」は水中を時速70km(地下鉄と同じくらいの速さ)で泳いで助走をつけて空中を滑走する魚で、「海のアスリート」と呼ばれることもあります。今日は「プール開き」ということで、児童の水泳上達を祈願して、トビウオのミンチを使ったドライカレーを作りました。トビウオの独特のにおいと強いうま味がアクセントです。
きな粉クッキーは甘さ控えめで、かむときな粉の香りが口の中いっぱいに広がります。卵・乳製品(バターなど)を使っていないので、食物アレルギーをもつ児童もいっしょに食べることができました。

6月10日(金曜)の献立
<いわしのかば焼き丼・田舎汁・あじさいゼリー>
6月11日は「入梅」(暦の上の梅雨入り)です。この時期に獲れるいわしは「入梅いわし」と呼ばれ、脂がのっていて一年で最も美味といわれます。かたくり粉をまぶしてカラッと揚げ、あまじょっぱいかば焼きのタレをかけ、ご飯の上にのせていただきました。
デザートは、巨峰カルピスゼリーの上に四角く切ったぶどうジュースのゼリーをのせて、今が見頃のあじさいの花をイメージして作りました。巨峰カルピスのゼリーはふるふるとやわらかく甘酸っぱくて、ぶどうゼリーはしっかり固まっていて甘さもしっかり。食感と味の違いがアクセントになっています。

6月8日(水曜)の献立
<キャロットピラフ・ビーンズサラダ・サイダー入りフルーツポンチ>
6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」ということで、昨日に引き続き、噛み応えのある「ビーンズサラダ」です。茹でたひよこ豆にかたくり粉をまぶしてカリカリ食感に揚げ、オニオンドレッシングのサラダと和えました。
デザートは、毎月、児童からのリクエストがとても多い「フルーツポンチ」です。同じフルーツポンチでも、シロップや乳酸飲料ではなく、サイダーが入っていることが人気のポイントのようです。炭酸のシュワシュワとした泡が爽やかで、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしてくれます。

6月7日(火曜)の献立
<ごはん・いかのかりんと揚げ・おひたし・6月のまめマメみそ汁>
6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」ということで、今日の給食は「よくかんで食べて、健康な歯になろう!」をテーマに、噛み応えのある「いかのかりんと揚げ」が登場しました。よくかんで食べると「だ液」がたくさん分泌されますが、このだ液が食べかすを洗い流したり、微量に含まれているカルシウムで傷ついた歯を補修したりなど、むし歯の予防に役立ちます。さらに、よくかむとあごが鍛えられ、歯並びもよくなります。この1週間に限らず、しっかりとかんで食べる習慣を続けてほしいと思います。
「いかのかりんと揚げ」は衣をつけて揚げたいかに砂糖じょうゆをからめ、砕きアーモンドをまぶして作ります。ご飯の進む味です。

6月3日(金曜)の献立
<ぶたキムチごはん・こまつなスープ・オレンジゼリー>
明日はいよいよスポーツフェスティバルということで、今日の給食は「スポフェス応援メニュー」です。
お昼の放送では、「ぶたキムチごはん」について取り上げました。米のでんぷんは身体を動かすエネルギー源になり、豚肉のビタミンB1はでんぷんをエネルギーに変え、ねぎ・たまねぎ・ニラに含まれる「アリシン」という成分はビタミンB1の働きを促す。「一皿の中で、エネルギーをたくさん生み出す、すばらしいチームワークが成り立っている」こと、「みなさんもスポフェスを成功させるため、全員で力を合わせよう」ということを伝えました。
給食で使うキムチは辛さひかえめで、ほんのり甘味があり、食べやすい味です。

5月30日(月曜)の献立
<ごはん・さけのみそマヨ焼き・キャベツとえのきのおひたし・だんご汁>
「食べて日本一周!郷土料理の旅」第4弾。今回は中国地方より、広島県の「だんご汁」です。大分県の「だんご汁」、熊本県の「だご汁」との違いは、小麦粉ではなく、米粉で作った白玉団子が入ることと、甘みのある白みそで味付けすることです。調理員さんが1個1個丸めて茹でた手作りの白玉団子は、やわらかく、モチモチとした食感でした。今回は白みそに赤みそも混ぜて、いつもの食べ慣れたみそ汁の味に仕上げました。

5月27日(金曜)の献立
<イカのトマトピラフ・もやしのサラダ・こまつなケーキ>
5月27日は5(こ)・2(まつ)・7(な)の語呂合わせで、「小松菜の日」です。ビタミン、カルシウム、鉄分、食物繊維と、現代人が不足しがちな栄養をたっぷり摂れる小松菜をおいしく食べてもらうため、昨年も好評だった「こまつなケーキ」の登場です。茹でた小松菜をヨーグルトといっしょにミキサーにかけてペーストにし、ケーキの生地に混ぜてカップに注いで焼きます。できるだけ焦げ目がつかないよう、きれいな緑色を残して焼き上げました。

5月25日(水曜)の献立
<どんどろけめし・和風野菜スープ・カリカリナッツのきな粉がらめ>
「食べて日本一周!郷土料理の旅」第3弾。5月は中国地方より、鳥取県の「どんどろけめし」。炒めた豆腐と季節の野菜を入れた炊き込みごはんです。「どんどろけめしって何?」と不思議そうな顔をしている児童が多く見られましたが、「どんどろけ」とは鳥取県の方言で「雷」のことです。豆腐を炒めるときのバチバチ!とはじける音が、雷鳴のように聞こえることが名前の由来だそうです。
「カリカリナッツのきな粉がらめ」は、香りよく炒ったカシューナッツを砂糖でコーティングし、きな粉をまぶした和のデザートです。

5月10日(火曜)の献立
<ごはん・白身魚のレモン風味揚げ・磯香和え・5月のまめマメみそ汁>
「まめマメみそ汁」は、大豆から作られる「みそ」・「豆腐」・「油揚げ」と、「白いんげん豆」のペーストが入った、豆・豆製品をたくさん摂れるみそ汁です。豆のペーストのまろやかな風味とたまねぎの甘味によって、塩分を抑えてもおいしくいただけます。今回は彩りに、旬の「さやえんどう」を加えました。
豆・豆製品には、成長期に欠かせない良質なタンパク質や、生活習慣病予防に役立つ栄養が豊富に含まれているので、積極的に日々の食事に取り入れてほしい食品です。

5月9日(月曜)の献立
<メープルトースト・ビーンズチャウダー・アスパラとツナのサラダ>
今回のサラダは、春先から初夏にかけて食べ頃を迎える「グリーンアスパラガス」と、キャベツ、にんじん、ホールコーン、ツナをいっしょに、フレンチドレッシングで和えて作りました。緑色が映える一品です。シャキッとした歯ごたえとほのかな甘みを感じられました。

5月2日(月曜)の献立
<たけのこ入り炊き込みごはん・小魚の磯辺揚げ・沢煮椀>
今年の「こどもの日」のお祝い献立は、第1回「給食選挙」で、投票数の多かった方のメニューを採用しました。「竹のように真っ直ぐ、すくすく成長しますように」と願いを込め、採れたての新鮮なたけのこを混ぜ込んだ炊き込みごはんです。旬のたけのこの香りとやわらかな食感を活かして、あっさりとした味に仕上げました。
連休の中日のためか欠席の児童が多かったため、5月5日にはご家庭でも柏餅やちまきなど、「こどもの日」の行事食を楽しんでいただけたらと思います。

4月28日(木曜)の献立
<ごはん・さわらのはちみつみそ焼き・おひたし・むらくも汁>
主菜の「さわら」は漢字で「鰆」。字の通り、春が旬の魚です。やわらかく上品な白身で、あまじょっぱいはちみつみそダレとマッチしていました。
むらくも汁の名前は、ふわふわの卵が「群雲」(集まり群がった雲)のように見えるのが由来です。かつお出汁をきかせた一品です。

4月25日(月曜)の献立
<親子丼・豆乳の飛鳥汁・メロン>
「食べて日本一周!郷土料理の旅」第2弾。今回は近畿地方より、奈良県の「飛鳥汁」の登場です。
飛鳥汁とは、季節の野菜と牛乳を入れたおみそ汁のことです。今から千年以上も昔、飛鳥時代に中国から伝わった牛乳を、料理に入れたのが発祥だといわれています。本来は牛乳を使うところを、給食では食物アレルギーなどを考慮し、豆乳で代用しました。みそと豆乳は同じ大豆からつくられる食品同士、風味がマッチします。コクのある、やさしい味です。

4月22日(金曜)の献立
<とり南蛮うどん・たこ焼き風ポテト・冷凍みかん>
「食べて日本一周!郷土料理の旅」第1弾。4月は近畿地方より、大阪府の「たこ焼き」そっくりな、「たこ焼き風ポテト」です。
ゆでてつぶしたじゃがいもに、みじん切りのタコ・万能ねぎ・紅しょうがを加えて混ぜ、かたくり粉でかたさを調整し、丸めて油でカラッと揚げて作ります。上からソース・粉カツオ・青のりをかけると、見た目も香りもたこ焼きそのものです。

4月15日(金曜)の献立
<ツナそぼろの混ぜごはん・豚汁・いちごミルクゼリー>
ごはんのそぼろは、しょうが・にんじん・鶏ひき肉・ツナ・さやえんどうをよく炒め、砂糖・塩・しょうゆで味付けして作りました。今日は給食当番が配りやすいように、炒り卵といっしょに白ごはんと混ぜ合わせています。やさしい素朴な味で、児童の食べ残しもほとんどありませんでした。
いちごミルクゼリーは、いちごをミキサーにかけて、牛乳・生クリーム・砂糖といっしょに寒天で固めました。生の新鮮な苺を使ったので、甘酸っぱい香りがふわりと漂っていました。

4月14日(木曜)の献立
<カレーミートサンド・ごま風味サラダ・清見オレンジ>
今日から1年生も給食が始まりました。初めての給食準備・片付けでしたが、協力してスムーズにできました。
カレーミートサンドの具は、たまねぎと豚ひき肉をよく炒め、トマトとレンズ豆、そして調味料・カレー粉を加えて煮込んで作ります。
レンズ豆はカレーとの相性が抜群です。やわらかく煮込まれていたので、豆が入っていることを知って驚いている児童もいました。

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

柳島小学校

住所:〒130-0003 横川五丁目2番30号
電話:03-3625-0325
交通アクセス
Copyright(C) Yanagishima Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る