このページの先頭です
立花吾嬬の森小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 立花吾嬬の森小学校 の中の スクールライフ の中の 学校の様子 の中の 令和4年度 の中の 令和4年度の学校の様子 のページです。

本文ここから

令和4年度の学校の様子

更新日:2022年6月27日

令和4年度の学校の様子を紹介していきます。

二年生の町たんけん二回目
二回目の見学をしました。

6月27日 月曜日
 今日は二年生が町たんけんをしました。前回に続き、二回目です。今回は前回訪問した場所をもっと詳しく取材をするという目的をもって出かけました。あるお店を訪問したチームは、品ぞろえ、品物へのこだわり、お客さんの傾向など、細かくインタビューをして頑張りました。今がちょうどセール中だったので、後でおうちの人に教えてあげるんだと嬉しそうにしている子もいました。よく頑張った見学でした。保護者の皆さんにも、お手伝いをいただきました。ありがとうございました。

感動しました。
トンボを助けようと、みんなで考えました。

6月24日 金曜日
 朝、校庭で2年生が集まって困っていました。登校直後だったので、何かトラブルが起きたのかと思って駆け寄ってみました。するとみんなが集まって思案していたのは、小さなトンボについてのことだったのです。ある子どもの掌の上には、羽がくしゃくしゃに丸まったトンボが乗っていました。登校したところ、クラスで飼育していたヤゴが羽化し、一度はみんなで喜んだものの、羽がくしゃくしゃに丸まっていて飛べないことが分かりどうしたら助かるかと考えていたのだというのです。子供たちは、真剣に話し合っていました。なるべくありのいないところに逃がしてあげよう。でも、飛べないから餌をどうやってとるのだろう。木の上にのせるのは落ちる心配があるから避けた方が良いだろう。そして、ようやく見つけたのが、校舎の前にある、この写真にある木だったのです。ここに子供たちがそっとトンボを乗せました。ところがやはり、落ちてしまいます。結局、この小さな命を自然の中に返すよりは、数日間でも教室でお世話をしてあげるほうが幸せなのではないかということになりました。生きえがないと食べないのですが、目の前で動かして食べさせてみようということになりました。今回、子供たちが小さい命を大事にしようと頑張ったことに感動しました。

そなエリアでの学習
4年生の社会科見学です。

6月23日 木曜日
 4年生が今年度最初のバスで出かける校外学習に臨みました。今回は、お台場周辺を詳しく見学していきました。午前中は、防災教育施設である「そなエリア」に行きました。地震後、72時間の様子を体験学習することができます。子供たちは渡されたタブレット端末で問題に回答しながら、体験コースを進みました。地震が発生し、エレベーターが止まってしまうという場面からのスタートでした。実際に薄暗い避難通路を歩き、そこから出た町はがれきの山になっているという想定でした。子供たちは真剣に体験活動に参加していました。午後は水について学ぶことのできる「水の科学館」へ行きました。これまで学習したことを振り返りながら館内を見学していました。

墨田区について考えました。
墨田区のものづくりを調べました。

6月22日 水曜日
 3年生は社会科の学習で、墨田区について学んでいます。自分たちの住む墨田区が、どんな特色をもった区であるのかということを様々な視点から調べていきます。前時までは、水とのかかわりあいを軸にして学習を進め、水害を防ぐこと、また、水の確保をしていることなどを考えていきました。そして今日の社会科の時間には、実際に墨田区内、そして学区域で作られている伝統工芸品を手に取りながら、ものづくりについて考えていきました。みんな自分の考えを意欲的に発表していました。さらにふるさとについて詳しくなっていってほしいです。

オオクワガタ オスの成虫
羽化しました。

6月21日 火曜日
 昨年の夏から飼育しているオオクワガタが、だんだんと成長し、いよいよ羽化が始まりました。去年の6月には小さい幼虫でしたが、よくここまで栄養をつけて大きく成長したかと感動しています。実は、去年の秋にメスが4匹羽化し、その後どの幼虫も急に静まってしまっていました。冬を越し、ようやく暖かくなってきた夏の初めに雄が一匹羽化しました。実はこの成虫はさなぎから出てくるときに、うまく羽が開かず、腹部がへこんでしまっていました。結局、数日前に動かなくなり、かわいそうなことをしてしまいました。昆虫の世界の厳しさを感じさせてくれる出来事でした。今日取り出したオスは、体長が7センチメートルはありました。取り出してくれた子供たちも思わず歓声を上げていました。

教室で飼う予定です。
ヤゴを育てる準備をしました。

6月20日 月曜日
 先週の金曜日に一年生が保護したヤゴなどの水生昆虫が、土曜日、日曜日に何とか学校の水槽の中で生き続けていました。そして今日、一年生の教室で飼育する準備を子供たちがしました。水槽の中に20匹ほどのヤゴを移し、飼育することになりました。冷凍の赤虫を餌として入れましたが、果たしてうまく食べてくれるかどうか。実は、金土日、3日間の間に5匹ほどのヤゴが羽化していました。一年生の教室の中で、朝トンボが飛び交う日が近いかもしれません。

ヤゴ救出作戦
たくさんのヤゴを救いました。

6月17日 金曜日
 今日は一年生が、どの学年よりも一足早く、屋上のプールで学習をしました。とはいっても水泳ではなく、プール掃除を前にして、水中の生き物を救出する学習をしたのです。一年間で、水中にはたくさんの生命がすみついていました。ヤゴはもちろん、アメンボ、マツモムシ、ミジンコのような小さい生き物、たくさんの生き物がいました。それを体操着に着替えた一年生が、網や手で水の中から、正に救い出したのです。残念ですが、全部がこの後成虫に育ったり、生き続けることはできませんが、全部が下水道に流れてしまう前に小さな命を見つけたことは本当に良い勉強になったと思います。今、一階のホールで、救い出した虫たちを飼育しています。家で育ててみると、持ち帰った上級生もいます。是非、トンボになって飛び立っていく様子を見てみたいですね。

二年生の町たんけん
家の周りのいろいろなことを見直しました。

6月16日 木曜日
 今日はたくさんの保護者の方にお手伝いをいただき二年生が町たんけんに出かけることができました。グループに分かれて、自分の家の周りを中心としてたんけんをしてきました。普段、学校への往復の途中に見つけたこと、気になっていることを友達と一緒に調べていったのです。まちかどにある植物に目を向けてみたり、何のお店なのか気になっていたところに思い切って取材をしてみたり、子供たちは生き生きと活動をしていました。日中、子供たちが学校に通っている時間帯だったので、路地に響く子供たちの元気な声に、町の方々のあたたかいまなざしと言葉かけをいただきました。子供たちも意欲的に調べ、普段は見慣れている場所の見えないところまでを調べつくそうとしていました。自分の家の前にある工場が、実はすごいもの、人々の役に立つものを作っていたことを知り感動している子もいました。とても良い町たんけんになりました。協力してくださった皆様に感謝しています。

お面づくり
かわいい動物のお面ができました。

6月15日 水曜日
 4年生が図工の時間にお面を作っています。画用紙を上手にはり合わせて、自分のお気に入りの動物のお面を作っています。立体感のある、また表情のあるお面です。タブレット端末などで、いろいろな表情の動物の写真を探し、それをもとにしてお面を作っているので、生き生きとしたものになっています。また、絵の具を使って表情もうまく描いています。目に光を感じる作品もありました。この方法で全校児童がオリジナルお面を作ってかぶったら、楽しいだろうなと思いました。

縦割り班での読み語り
6年生が読んでくれました。

6月14日 火曜日
 今日の休み時間は、縦割り班ごとに、6年生が読み語りをしてくれました。大型絵本を使って読んでくれたり、実際の絵をプロジェクターに大きく映したりしながら、読み語りを進めてくれました。下級生のみんなも、お行儀良く、しっかりをそれを聞くことができました。途中にクイズを入れたりしながら、楽しく工夫している班ばかりでした。縦割り班活動での経験が、次に自分がその立場になったときに生きてきます。みんなが仲良く過ごした休み時間でした。

あいさつ運動が始まりました。
6年生と4年生のみんながあいさつをしました。

6月13日 月曜日
 今日から朝のあいさつ運動が始まりました。元気のよいあいさつで、一日を気持ちよくスタートしたいと、これまでも続けてきたものです。今週は6年生と4年生が一緒にあいさつをしていきます。もちろん感染症予防の観点から、大きな声を出すようなあいさつはしませんが、自然な形でのあいさつを行っていきます。今週は、地域の学校運営協議会の方も一緒にあいさつをしてくださっています。マスクをしていると、ついつい声を出さなくなってしまうことが多くあります。顔を合わせて普通に言葉を交わすことは、普通の習慣として行っていきたいです。

避難訓練
校庭に避難しました。

6月10日 金曜日
 校庭への避難訓練を実施しました。今日の訓練は2階にある家庭科室から出火したという想定でした。中央にある会談が使えなくなるため、各学年は避難経路を考えながら校庭に素早く避難するようにしました。子供たちは約束を守り、静かに落ち着いて、約5分ほどで校庭に集合することができました。避難後もしっかりと、副校長先生からの話を聞くことができました。とても大事な訓練を、みんなが上手に行うことができ感心しました。

晴れたよ。今のうちに
休み時間 太陽が出ました。

6月9日 木曜日
 ずっと憂鬱な天気が続いていました。そして今日の昼休み、空が晴れました。久しぶりの青空です。みんなが慌てて外に出て元気に遊び始めました。嬉しそうにおにごっとをしています。熱すぎるのも大変ですが、やはり太陽の光を受けるとみんな元気になります。梅雨の合間の太陽の光でした。

ダンゴムシ大好き
みんな手に握りしめています。

6月8日 水曜日
 校庭で生活科の観察を終えた二年生が、大事そうに手の中に何かをにぎっています。何を見せてくれるのかと思っていると、手の中にはダンゴムシ。それも何匹も入っています。男の子も、女の子も、ダンゴムシを一生懸命に観察し、教室で育てています。赤いダンゴムシもいたよと、教えてくれました。生き物への好奇心、どんどん広げていってほしいです。

バケツ稲を守っています。
水の量をいつも気にしています。

6月7日 火曜日
 梅雨に入り、雨が続くようになりました。これまで校庭で過ごすことができるかどうかを気にすることの多かった子供たちですが、5年生は、自分たちが植えた稲が順調に育っているのかを気にするようになりました。特に雨が降った後は、バケツの中の水量が増えていないかを確かめに行きます。そして水が多すぎる場合には、減らすようにしています。実際の水田を管理している方々が、転機を気にしながら、毎日水田を見に行くときの気持ちが、少しわかってきたようです。

救急救命法の訓練
夏に向けての準備です。

6月6日 月曜日
 いつもは子供たちのことを中心に紹介していますが、今日は先生たちのことを載せたいと思います。今日の放課後、向島消防署の皆さんに講師になっていただき、AEDの操作を中心として、万一水の事故が起きたらどのように対処するのかという訓練を行いました。もちろん、絶対に起きてはいけないことなのですが、万一のために毎年この時期に訓練をしています。毎年行っていても、いざとなるとAEDの操作方法、そして連絡の方法、様々なことで混乱してしまいます。そこを冷静に対処できるように訓練を行っているのです。今年の水泳学習も間もなく始まります。子供たちの笑顔を守るために、今日の訓練を皆が自分の力としてしっかりと身につけていきたいと思います。

体育発表会
青空の下でがんばりました。

6月4日 土曜日
 本日、昼までの半日をかけて、体育発表会を開催しました。青空の下で、中学年、低学年、高学年の順番で表現運動と徒競走を披露していきました。保護者の皆様にも入場について様々ご協力をいただきました。また近隣の皆様には朝早くから音楽やアナウンスを響かせてご迷惑をおかけしたことだと思います。ご理解いただけたことに感謝しています。各学年、練習の時以上のがんばりを見せてくれていました。フィナーレを飾る6年生のソーラン節も元気なかけ声をかけながらの勢いのあるものになりました。どの学年の子供たちも、今日の発表が一番良いものになっていたと思います。子供たちに、ぜひお家でも声をたくさんかけてあげてください。

明日の準備をする6年生
校庭に柵を設けています。

6月3日 金曜日
 明日はいよいよ各学年ごとに表現運動、徒競走を披露する体育発表会の日です。今日まで種目を一生懸命に練習をし、最後に校庭で6年生が会場設営を行いました。テントをはり、お客様と校庭を分けるポール柵をつないでいきました。その他各係の準備もしました。明日は、56年生の審判係ががんばります。もちろんと競走は得点種目ではないので、順位をつけるわけではないのですが、ゴール順で整することになるので、ゴールの様子は複数の目、タブレットでの撮影でしっかりと確認をしていくことになっています。いよいよ明日です。良い天気、それもできる限り日陰が多くできるような天気の中で実施できるように祈っているところです。

体育発表会のリハーサル
全校児童で応援し合いました。

6月2日 木曜日
 今日の午前中、3年ぶりに校庭は運動会の熱気でいっぱいでした。土曜日に行う体育発表会は、各学年ごとの発表で、全校児童で表現運動や徒競走を応援することは行いません。ただ、各学年が一生懸命に練習してきた表現(ダンスなど)は、時価に校庭で見合うことをしたいと考えました。そこで今日のリハーサルでは、校庭に児童がマスクをして集まり、テントを建て、その中で静かに待機するようにした上で、全校で見合うことを行いました。先ずは3年生が緊張しながらダンスを披露し、4年生、2年生、1年生、5年生、6年生と演技を披露していきました。大きな拍手が自然とわき起こり、演じている学年も、見ているみんなも、笑顔で過ごすことができました。その後、徒競走の練習(こちらは学年のみ)も行いました。校庭に体操着姿の児童が集まり、一生懸命に活動している様子は、運動会を思い出させてくれるものでした。土曜日の発表会は、保護者の皆様に発表する形を取りますので、児童が応援する姿はありませんが、今日このようにして応援し合ったことをぜひお伝えしたいと思いました。

三年生の町たんけん
グループに分かれて町をたんけんしました。

6月1日 水曜日
 今日、三年生が町たんけんをしました。学年を8グループに分け、8方面をそれぞれ詳しく取材しました。歩くだけではなく、施設の中、広場の中、お寺、神社の中にも入り、そこがどんな場所なのかをタブレット端末に記録していきました。写真や動画を撮影する児童もいました。一つのグループは、吾妻神社周辺を丁寧に歩きました。ふだん見慣れているところばかりでしたが、改めて丁寧に見ることで発見がたくさんありました。本校の校名にもなっている吾嬬の森で子供たちが調べている光景は感動的でした。北十間川にも降り、そこが古くは東西を結ぶ大事な水路だったことや、吾嬬神社への参拝客が舟の乗り降りをしていたことなども話しました。多くの保護者の皆さんに手伝っていただくことで、活動を進めることができました。感謝しています。ありがとうございました。

相撲怪獣作り
すもうをとる怪獣の出現

5月31日 火曜日
 2年生の図工で、紙コップなどをうまく活用し、トントン相撲の力士を作っています。でも、いつもと少し違うのは、力士ではなく怪獣になっていることです。子供たちは、大きく口を開け、火をふいている迫力のある怪獣を作っていました。ポイントは体の重さのバランス、頭が大きすぎると戦う前に倒れてしまいます。また、しっぽの長さや付け方にも工夫が見られました。

暑さの中でがんばっています。
気温、暑さ指数を測りながら練習しています。

5月30日 月曜日
 いよいよ体育発表会を今週の土曜日に控え、練習にも力が入っています。でも、気温が急に上がってきているので、先ずは健康のことを第一に考えて練習をしています。気温、暑さ指数を測り、休憩を適切に入れながら進めています。できる限り室内で練習をし、最後に外出の感覚をつかむときに校庭に出るようにしています。

みんなの前で発表
問題を出し合い勉強しました。

5月27日 金曜日
 なのはな学級の1,2年生が、みんなの前で堂々と話すことを勉強しています。様々なカードを用意し、そこに描かれたものを説明して、当てていくというものです。初めは2枚のカードの内容を説明しました。そして、3枚、4枚と増えました。子供たちは話す立場のみんなも、聞く立場の人も、集中しがんばっていました。何よりも、みんなの前で堂々と話すことができることが上手になっていることが素晴らしい成長です。

謎の昆虫
実はサシガメだったのです。

5月26日 木曜日
 休み時間になると、子供たちが小さなムシを探しています。石の下のダンゴムシを見つけ、嬉しそうに手に握っている子もいます。先日は、「先生、わたしの手の中で、赤ちゃんが生まれたよ。」と、手を開いて見せてくれました。手のひらに白い小さなムシがたくさんはっていました。わたしもさがしたいと、その後石の下や草むらの中をダンゴムシさがしをしている子供たちを見て嬉しくなりました。そういえば、立花吾嬬の森小学校の子供たちを見ていて、チョウチョやトンボが飛んでいるのを見て、「キャー」と叫ぶ子が少ないように感じます。生き物を大事にすることはとても良いことだと思いました。そんな中、昨日「変な虫がいる!」という声が聞こえてきました。何だかいやな予感がしたので、触らないでと言って写真だけを撮影しました。子供たちは、本当は飼いたいと思ったのかもしれません。後で詳しく調べてみると、「サシガメ」というカメムシの仲間でした。実は生き物に詳しい息子がこの写真を見てすぐに教えてくれたのです。更にその後衝撃的なことを言われてしまいました。「その虫、人間のことを刺すんだよ。」と、外国産の大きなサシガメをわざわざ飼育している人もいるそうですが、そんなにこわい昆虫だとは知りませんでした。もちろん、おこらせなければ刺したりしないそうですが、気をつけたいと思いました。校庭での虫さがし、気をつけて行うようにしたいと思います。

壁に向かっての練習です。
リコーダーの練習でがんばっています。

5月25日 水曜日
 リコーダーの練習をがんばっています。6年生の子供たちが、壁に向かってリコーダー練習を進めていました。タブレット端末で指使いの見本を映し出し、それに合わせて練習をしています。音楽室からは、長い間リコーダーの音は聞こえてこなかったので、久しぶりの素敵な音色です。もちろん感染症予防に努めての工夫しながらの練習です。早くみんなの音を合わせてみたいです。

空中庭園造園中
空中庭園を造園しています。

5月24日 火曜日
 今、飼育栽培委員会の皆さんが、学校内に新しく花壇を造園しています。新しくと言うのは、ここは今まで手がついていない場所だったのです。本校の一階の屋根部分に、かつて庭園だった屋上スペースがあります。ただし、ふだんは鍵がかかり、立ち入り禁止区域となっています。日当たりも良く、水道も使える場所ですが、長くそのまま放置されていました。今年度、飼育栽培委員会のみんなが、その場所を整備し、土を入れ直し、多くの草花を植える計画を立ててくれました。早速、先日から休み時間ごとに集合し、整備作業を進めています。今日も熱い日差しのもと、土を入れ、苗の植え付けをがんばっていました。完成したら、正に空中庭園です。楽しみです。

キャラクター
キャラクターの選考

5月23日 月曜日
 開校15周年をお祝いするオリジナルキャラクターの募集が終わりました。代表委員会で、昨年度末から呼びかけ、全校児童から多数の応募がありました。そして、それを最終的に10作品にしぼり、今日から一回の掲示板で作品紹介が始まりました。みんなは作品そのものをよく見て選んでいきます。作者の名前はあえて伏せているので、公平な気持ちでみんなの代表作を選ぶことができます。これで選ばれたキャラクターは、今年一年間、様々な場面で活躍することになります。その後も、本校を表すキャラクターに定着すると良いですね。みんなは一生懸命、それぞれの作品がうったえている思いを読み取ろうとしています。

カブト虫の赤ちゃんだ!
カブト虫の赤ちゃんがいるよ!

5月20日 金曜日
 清掃活動中に校内を回ると、階段掃除をしていた子供たちが「大変です。」と、呼びに来てくれました。何ごとかと行ってみると、「カブト虫の赤ちゃんがいるんです。」と教えてくれたのです。幼虫がムニュムニュと動いていると思ったら、かわいい小さな甲虫でした。多分、コガネムシの仲間だと思います。確かに子供たちの言うように、小さなカブト虫、まるでカブト虫の赤ちゃんのようにも見えました。子供たちの表現がとてもかわいらしくて、とてもあたたかい気持ちになりました。あまりにも小さいので、みんなでそっと校庭に飛ばしてあげました。

二年生のダンス練習
運動発表会に向けて

5月19日 木曜日
 体育館で2年生が元気に表現運動の練習をしていました。音楽に合わせて跳んだり、はねたり、楽しそうに踊っていました。まだ、全体の一部しか練習はできていませんが、みんな汗だくになっていました。仕上がりが楽しみです。

開校15周年のお祝い 航空写真
5月18日 水曜日 朝から校庭に描かれたデザインの上に、様々な色のエプロンを身につけて立ちました。撮影のために飛行機が上空に飛んでくるのを、今か今かと待ちました。

飛び去っていく飛行機に手を振る子供たち
そして10時過ぎ、調布飛行場から飛んできたセスナ機が子供たちのことを上空から何回も撮影しました。撮影している間は黙ってポーズを取っていましたが、飛び去っていく飛行機には思い切り手を振ることができました。

その生き方を通して考えました。
有名な漫画家の生き方を振り返りました。

5月17日 火曜日
 5年生は道徳の学習で、有名な漫画家の人生をふり返りながら学習を進めました。漫画を描くことが大好きだった小学生時代に、担任の先生に励まされ一生懸命夢に向かって進んでいったことを知り、子供たちも自分の今と重ねて、いろいろ考えていました。また、成人し、本当に漫画家になるかどうかを迷ったときに、母親が後押しをしてくれた言葉に、子供たちも共感していました。きっと今、みんなも様々な夢を抱いていると思います。それに向かって、自信をもって進んでいって欲しいと思いました。丁度明日、開校15周年を記念した写真の撮影を予定しています。各クラスで、自分の夢を胸に抱いて撮影をします。この夢をきっとかなえるのだという気持ちで、ぜひ夢をえがいたパネルを手にして欲しいと思います。

みんなで考えました。
セーフティ教室低学年の部

5月16日 月曜日
 今日は向島警察からスクールサポーターの方に来ていただき、低学年児童向けのセーフティ教室を開きました。指導していただいた内容は、放課後や休日の安全です。交通事故について考えることも大切ですが、例えば不審な人に声をかけられたり、優しそうな人に優しく誘われたり、そんなことがあったらどのように対処すれば良いのかということを勉強しました。実際にロールプレイングで、拒否をする練習もしました。「いかのおすし」の合い言葉をみんなはしっかりと覚えていました。ぜひ、実際の生活場面で、判断に困ったときには、よく考えて、自分の身を守って欲しいと思います。

8について考えました。
8はいくつといくつかな?

5月13日 金曜日
一年生が数の勉強をがんばっています。今日まで7までの数の分解を勉強してきました。例えば5は、2と3からできていることなどを、歌に合わせて覚えました。そして、6、7と学習をし、今日は8についてブロックで確かめながらがんばりました。5よりも小さい数の場合は、指で示したりすることはできますが、大きな数になると頭の中にその大きさを思い浮かべなくてはいけません。6といくつかなと言うあたりになると、少し自信がなさそうに答えている子もいました。でもしっかりとできていました。自信をもってお家でも練習をしてみてください。お箸でも、お菓子でも、いろいろなものを数えることで勉強になります。

六年生の学習
この町のことを見つめ直しています。

5月11日 水曜日
 6年生は総合的な学習の時間に、自分の町の未来の姿を考えていこうという学習を進めています。現在のまちの姿を、6年生らしい視点で見つめ直しています。例えば、公園が多い、交通の便が良い、買い物がしやすいという点だけではなく、実際にどのような年齢の人が多く住んでいるのか、また生活する上でどんな願いや不安をもっているのかなど、ゲストティチャーもお呼びして調べながら学習しています。将来の町の姿を語ることも、根拠をもって自分の意見や考えを述べることができるようにしています。ハザードマップなどの資料も積極的に活用しています。

立吾班活動
たてわり班活動

5月7日 土曜日
 今年度初めてのたてわり班活動を行いました。もちろん、感染症予防を第一に考えているので、動き回る活動は避け、対面で行うクイズや簡単なゲームを行うようにしました。一年生も初めて参加しました。黒板に絵を描いて当てっこクイズをしたり、命令ゲームでまちがえないように気をつけながら遊んだりしました。次回は、もっと広い場所で動き回ることができると良いと思います。感染症の状況が改善するように祈っているところです。

会話の練習
どんなアイスクリームが好きなの?

5月6日 金曜日
 3年生の外国語活動では楽しいやりとりがありました。自分の好きな色やお菓子を英語を使ってたずねて答えるというものです。照れくさいと声が小さくなってしまい、相手に伝わらなくなります。でも、子供たちは一生懸命に相手に伝わる声で、しっかりと発音をし聞くことができていました。また、答えも色やアイスクリームの種類を説明してがんばっていました。初めは2人組、だんだんと人数を増やす、クラス全員との対面をして会話の練習をしました。どの子も生き生きと活動していました。

校庭で徒競走の練習
いよいよ運動発表会が近づいてきました。

5月2日 月曜日
 5月になりました。丁度一ヶ月後には、体育発表会が予定されています。連休明けから本格的に練習が始まります。今年度は、徒競走、そして表現活動を学年単位で発表できるようにしたいと計画を進めています。今日は、その練習として、校庭で4年生が徒競走練習を行いました。少しずつ練習を積み、体の各部分を走ることに向けていきたいと思います。その後、校庭で、全員リレーも行いました。まだまだ、走るときに足の運びが重そうに見える子もいましたが、ぜひ、練習を積み、自分のベストの走りを当日披露できるようにしていきたいです。

体育館での離任式
クラスに放送しました。

4月28日 木曜日
 今日は異動された先生方との離任式でした。体育館に会場を設け、代表の児童が手紙と花束を各先生にお渡ししました。そして、その様子を各教室にタブレットで送信し、モニターで見てもらいました。直接のやりとりはできませんでしたが、それぞれの先生方からのメッセージを同時に聞くことができて良かったと思います。その後に、各教室に関わりの深かった先生が訪ね、言葉を交わしました。良い離任式になりました。

みんなで仲良く遊んでいます。
一年生も遊んでいます。

4月27日 水曜日
 月曜、火曜日と、5年生の宿泊学習で訪れる場所を下見に出かけていました。そのため、一年生が休み時間に外で遊んでいる姿を見るのは今日が初めてでした。仲良く遊べているかな、怪我をしてはいないかな、いろいろ心配していました。紅白帽子をかぶり、目立つようにした一年生は、6年生のお兄さん、お姉さんに囲まれて、楽しそうに遊んでいました。手をつないで走ったり、鬼ごっこをしたり、休み時間の校庭の様子は今日も素敵でした。これからだんだん暑くなり、走り回ると汗で息苦しくなる季節になります。また、いろいろなあそびを工夫できると良いですね。

一年生の入場
一年生を迎える会

4月23日 土曜日
 今日、土曜授業日は、一年生を迎える会、そして道徳授業地区公開講座(2年生、4年生、5年生)でした。一年生を迎える会は、体育館に一年生が入場し、その前で各学年が交代で歓迎の出し物を披露する形式を取りました。発表する学年以外の児童は、各教室でモニターを通してその様子を見る形式を取りました。初めての試みでしたが、やはり目の前で対面で行うことで、そこにあたたかいムードが自然に湧き上がり、出し物がより心のこもったものになりました。一年生もお兄さん、お兄さんのすごい技や演奏、演技ダンスをみて、とても喜んでいました。来週からはいよいよ休み時間の校庭にデビューです。みんなで仲良くしていきましょう。

明日のために
一年生を迎える会の準備

4月22日 金曜日
 明日はいよいよ一年生を迎える会があります。一年生が体育館で待っているところに、各学年のお兄さん、お姉さんたちが出し物を見せにやってきます。2年生からなのはな学級までのみんなが、毎日練習を積み、明日、いよいよ素晴らしいプレゼントを披露してくれます。そんな上級生に対して、一年生のみんなからもお礼のプレゼント。今日はその練習を体育館で行いました。本当は、全校児童が一堂に集まり、新しい仲間を迎え入れる会を行いたいところですが、今年は仕方ありません。いよいよ来週からは、休み時間に一年生も外に出て一緒に遊びます。楽しみですね。

委員長からのあいさつ
委員会の紹介集会

4月21日 木曜日
 今朝の集会は、今週発足した委員会活動の活動内容を委員長が紹介する集会でした。昨年度は、オンラインで事前に録画した映像を各クラスで視聴する形でした。今年度は、体育館に委員長が集まり、そこから司会者の紹介に合わせて、順番にライブ中継をする形を取りました。各学級で委員長からの話を直接聞く形なので、委員長一人一人は、とても緊張していましたl。そして、各委員長からのスピーチも立派な内容で、全員が内容を把握し、自分の言葉で発表をしていました。6年生の堂々とした姿に感動をしました。

スパッタリングを学びました。
新技法を学んでワクワク

4月20日 水曜日 
 図工室の前を通りかかると歓声が聞こえてきました。4年生の授業場面でした。先生が金網と筆で絵の具の使い方を見せています。実際に大画面につないでいるので手元の様子がよく分かります。左手で金網を持ち、筆で網をこするときれいな霧状の模様が描けました。子供たちの歓声が上がります。天の川のようだ、星空のようだ。更に紙を切って、画用紙の上に置き、その上に絵の具をかけます。何度も行って紙をはがすと、そこにはきれいな満月が浮かび上がりました。また大歓声です。図工の技法「スパッタリング」を先ずは先生が実演し、その後子供たちが行いました。意欲が高まったところでの体験となりました。良い学習になっていました。

がんばった6年生
国の学力調査

4月19日 火曜日
 6年生が文部科学省の学力調査に取り組みました。朝から国語、算数、理科、そして意識調査とがんばって取り組みました。問題をしっかり読み込み、よく考えてこたえていました。思考力を問う問題も多く、みんな真剣な表情でした。学校全体が静かに過ごし、6年生が集中できるように気を配るムードが自然にありました。午後は給食をたくさん食べ、外遊びをし、その後は1年生の教室の掃除の手伝いをしていた6年生でした。一日よく頑張ったと思います。

委員会活動が始まりました。
今日から委員会です。

4月18日 月曜日
 今日から委員会活動が始まりました。5・6年生のみんなが、それぞれの委員会でがんばります。コロナ感染症予防は配慮しつつも、去年よりはできる限り活動を前に進めていきたいと考えています。集会も、開き方を工夫し、例えば二回に分けて一つの集会を行うようなことを考えていきます。それぞれの委員会ごと、今年の委員長、副委員長、書記を決め、活動の計画を進めていきました。この後の活動の展開が楽しみです。

六年生大好き
朝や休み時間の様子です。

4月15日 金曜日
 朝、登校後の1年生の教室、そして休み時間、6年生が交代で教室に来てくれています。みんなの道具の準備を手伝ってくれたり、絵本を見せてくれたり、一緒に遊んでくれたり、1年生みんなのために一生懸命です。そんな六年生のことが、一年生は大好きです。立花吾嬬の森小学校は、上級生と下級生が、とても仲良く、しっかりと心がつながっています。

体操の練習
一年生がたちあづ体操を練習しました。

4月14日 木曜日
 たちあづ体操を覚えたよ。
 今日一年生は、学年合同で「たちあづ体操」を練習しました。この体操は、今から2年前に、当時の教員が力を合わせて考えた基本の運動です。体育の準備体操として、この体操を行うと、全身の緊張がほぐれて運動をスムーズに始めることができるようになります。ある曲に合わせて体を動かすのですが、今ではこの曲が流れると自然に体が動き出す子が、校内にたくさんいます。一年生も、少しずつ覚え、体育の時間には体をほぐしていけるようになると思います。

一年生の給食
初めての給食です。

4月13日 水曜日
 いよいよ一年生の給食も始まりました。午前中の学習を頑張り、おなかもすいてきました。4時間目には、配膳の仕方、給食の約束などをしっかりと学びました。しばらくは教員が配膳をしますが、いずれは自分たちでも当番活動ができるようになると思います。12時過ぎ、給食のワゴンが運ばれてくると、みんなの目が輝きました。そしてカレーライス、サラダ、ゼリー、牛乳という献立で食事を始めました。毎日の給食が楽しみの一つになっていくと思います。明日も栄養もりもり、がんばって欲しいです。

1年生の体育
校庭でがんばりました。

4月12日 火曜日
 初めての体育
 1年生が校庭で体育を行いました。体育着に着替えて、しっかりと整列をして、校庭で鬼ごっこなどをしました。担任の先生のかけ声をしっかりと聞き、約束を守って行動することができました。写真の場面は、じゃんけんをして前進していくゲームを行っているところです。これから、更に練習をして、いろいろな運動に挑戦することができるようになっていきます。暑くなってくるので、水分補給、汗ふきなど、健康の管理も大事にし、見守っていくようにしたいと思います。明日から、いよいよ給食の始まりです。

計測が始まりました。
保健室で行っています。

4月11日 月曜日
 今日から計測が始まりました。2年生以上の人たちは、この一年間でどのくらい成長したのかが分かります。1年生にとっては、小学校での初めての計測となります。保健室で行うので、緊張するかもしれません。事前に約束を話し、感染症予防のために前後の距離を開けて並んで行います。今日、一日目は5・6年生、なのはな学級の皆さんが行いました。みんな礼儀正しく測定を受けていました。

休み時間の様子
六年生の読み語り

4月8日 金曜日
 1年生の教室の風景です。休み時間、まだ一年生は外には出ていません。そこで、6年生のお兄さん、お姉さんたちが遊びに来てくれました。わざわざ絵本を用意し、読み聞かせをしてくれたのです。その途中、絵を描いたり、話ありてになったり、いろいろなことをしてくれている6年生もいました。楽しい時間となりました。ありがたい光景でした。

下校の様子
方面別に並んでいきます。

4月7日 木曜日
 一年生にとって自分で下校していくのは今日が初日でした。慣れるまではしばらく、方面別に分かれて集団下校をします。校庭に並ぶのも、今日が初めてでした。帽子につけたリボンの色をよく見て、ピンク、緑と、分かれて並びました。その後は、教職員が数名ずつ付き添って、帰り道の安全を確認しながら帰りました。出発前に、自動車からはみんなのことが見えにくいことや、横断歩道を渡るときにはきちんと手を伸ばして渡ることなどを話しました。もちろん、みんなきちんとできていました。明日も元気に登校することを待っています。

始業式
みんなお行儀良く並びました。

令和4年度の始業式を行いました。とても良い天気のもとで行うことができました。校庭の桜の花、チューリップも満開でした。その中で2年生から6年生までが、進級の喜びを表情に表しながら、決意の気持ちを示してくれました。6年生代表の言葉も立派でした。

入学式の準備
始業式前日の活躍

4月5日 火曜日
 いよいよ明日は始業式、そして入学式の行われる日です。教は前日準備のために新6年生が登校し、会場作りの手伝い、一年生教室の飾り付け、更に各教室の整備を手伝ってくれました。明日入学してくるかわいい一年生のために心をこめて準備を進めていました。最上級生としてのふるまいが、既にできていることに感動しました。明日は始業式、子供たちの元気な顔が校庭に集まってくることが楽しみです。その後の入学式での58人の入学を心から待っています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

立花吾嬬の森小学校

住所:〒131-0043 立花一丁目18番6号
電話:03-3618-4911
交通アクセス
Copyright(C) Tachibanaazumanomori Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る