このページの先頭です
第三吾嬬小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 第三吾嬬小学校 の中の 学校の紹介 の中の 今週の朝礼 令和元年10月  Morning Assembly Speeches of The Week (October) のページです。

本文ここから

今週の朝礼 令和元年10月  Morning Assembly Speeches of The Week (October)

更新日:2019年10月28日

朝礼の講話をご紹介します。  Here you can read the morning assembly speeches of the week!

令和元年10月28日(月曜日) 「自分で、自分から」できることを見つける   3年担任I. E.先生


何に使った金額でしょう?

それでは、皆さんにクイズを出します。
911,154円。
この数字は、三吾小のみんなが使った何かの代金です。いくらか、読んでみましょう。さて、何を買った代金だと思いますか?
これは、水道料金。水を買った代金です。皆さんは水がただじゃないってことは知っていましたか?
ではこのグラフを見てください。これは今年1月からの2ヶ月分の水道料金を表したものです。何月が一番多いですか? そうです。7,8月ですね。だいたいいくらぐらいだと思いますか。
正解は1,104,132円です。
なぜ、7,8月にこんなに多くなると思いますか? そうですね、プールに入るから。熱くてたくさん水を飲むからですね。
さて、この棒グラフですが、緑と青の2色に分かれていますね。同じ水道料金なのに何が違うのだと思いますか?
実は、緑は上水道。きれいな水を買った代金です。青は、下水道。使った、汚い水の代金なんです。なぜ、使った水にまでお金を払うんでしょう? 4年生以上の人たちは、学習したと思いますが、汚い水をそのまま川や海に流したらどうなりますか。きれいにして流すために、下水処理場で薬や機械を使って水をきれいにしています。そのためのお金がかかるので、使った私たちがお金を払っています。
三吾小で去年1年に払った水道料金は、約560万円です。どう思いますか?
水を大切に使う、無駄にしないことが大切ですね。ですが、先日こんな場面を見ました。(3枚の写真)
一人一人が気をつければ、または、誰か気がついた人がちょっと直してあげれば、無駄なお水が減るかも知れませんね。三吾小の514人、大人も入れると560人の人がちょっとずつ気をつけて使えば、きっと560万円を超えている水道料金がもっと減るはずです。
 今日から、「自分で、自分から」できることを見つけて、やってみましょう。
これでお話を終わります。


水道料金です


一番多い月は?

Monday, October 28th, 2019 "Finding Something That You Can Do 'By Yourself, From Yourself' by Ms. I. E., a third grade teacher


水が出しっ放しになった水飲み場

First of all, I'll give you a quiz.
911,154 yen
This is a price for something we all used at school. Can you read this price? What is this price for? This is the price for water. Did you know that we pay for water?
Look at this graph. This is a graph of the water rates for every two months from January this year. What months are the highest? Yes, July and August are. Can you read about how much it was? The answer is: 1,104,132 yen! Can you guess why July and August cost so much? Yes, we use the swimming pool then. We drink a lot of water because it's hot during these two months, too.
You see this bar graph has two colors, green and blue. What is the difference between these water rates?
Probably upper grade students have already learned this. The green part is for clean water we use, and the blue part is for sewage. Why do we have to pay for the sewage? Yes, what would happen if we just let dirty water run into rivers and the ocean? We must make sewage clean before we let it run. That's why the sewage work center makes sewage clean with chemicals and machines. We pay for that cost as we used the water.
The total rates for the water we used last year is about 5,600,000 yen. What do you think?
It's important not to waste water. However, I saw these scenes the other day. (Three pictures of the tap water left running)
I think we can lessen waste water if we are individually careful and stop letting water run. We are 514 students, and 560 people including adults. We can cut down the rate from 5,600,000 yen this year.
Let's try something that we can do 'by ourselves, from ourselves!'

令和元年10月21日(月曜日)  「私が子供だった頃」 八広北町会・総務部長 村澤一夫さん


八広北町会 村澤さん

おはようございます。校長先生から、子どもの頃の話をしてくださいとお願いされました。まず、おじさんの年齢を言わずに話をしていきます。この校舎が新しくできたときに、おじさんは1年生で入学しました。そして3年生の時にそこに2階建ての校舎が建ちました。それがおじさんの年齢を知る手がかりになると思います。
今年、ラグビーのワールドカップって、みんな見ましたか?ちょっと残念な結果で、日本は負けちゃったんですが、来年は何か大きなイベントがありますが、何がありますか?そう、オリンピックがありますね。そのオリンピックの、前の東京オリンピックの時におじさんは生まれました。それが第2のヒントです。話聞きながら計算してみてね。
それでは、小さい頃の話をしたいと思います。まず、このエリアは、昔は小さい工場がたくさんありました。それなので、通学しているとき、下校をするときには、工場の扉が開いているので、それを見学しながら帰ったりしました。学校の先生たちは寄り道はいけませんよというんですが、けっこう工場のおじさんとかと話をしながら帰った覚えがあります。
この辺で言うと、船原公園って知ってるよね?船原公園は、その昔おじさんが小学校の2年生くらいまで、ボーリング場になっていました。ボーリングブームというのがあってボーリング場がありました。おじさんが2年生の時に、「ボーリング場は止めます。」ということになって、「ボーリングのピンと玉はもっていっていいよ。」と言われたので、もらっていって家の前の道で並べて転がして遊んでいました。そういうこともしながら、周りの近所の人たちとみんななかよく生活していました。
おじさんがこの小学校に上がったときには、1年生の時は5クラスありました。一クラスの人数がすごく多くて、52人くらいいました。おじさんが1年生の時は5クラスだったんですが、工場が多くあると空気が汚れると言うことで、工場がいろんなところに移っていって、工場のおうちの子も引っ越ししていって、6年生になるときには4クラスに減ってしまいました。
最近気がついたのは、皆さん、犬って飼っている人もいると思うんですが、どこで飼っていますか?おうちの中で飼ってますよね?昔は、玄関の横に犬小屋があって、学校から帰るとき、よく犬に「ワン!」って脅かされたことがありました。今だと、家の中に飼っているから吠えられることもないと思うんですが、犬や猫が普通に町の中を歩いていました。今学校は145周年になると聞いてますが、おじさんが5年生の時がちょうど100周年で、「周年の歌」というのが、みんなで歌詞を考えて、曲は学校の先生が作って、みんなで作って6年生がまとめてつくったという覚えがあります。
まとまりがありませんが、これくらいでよろしいですか?
それでは、どうもありがとうございました。

Monday, October 21st, 2019 "When I Was An Elementary School Student" by Mr. Murasawa Kazuo, the head of the general affairs department of Yahiro Kita Chokai Neighborhood Association


私が小さかった頃は…

Good morning. Your Principal asked me to talk about my childhood. I'm going to start without saying my age. I entered this elementary school when this school building was built, and when I was in the third grade, that two-floored building was built. I guess you could tell my age.
Did you watch the world cup rugby game yesterday? I feel sorry that Japanese team lost the game. Do you know what special event will happen in Tokyo next year? Yes, the Olympic Games. I was born when the last Olympic Games were held in Tokyo. This is the second clue. Please calculate while listening.
Now I'll start to talk about my childhood. In this area, there were a lot of small factories. That's why we dropped in those factories on our way home. School teachers said we must go straight home, but we dropped in at the factories and talked to the workers.
You know Funabara Park near here. Until I became a second grade student, it was a bowling alley. In those days, bowling was very popular. When I was in the second grade, they said they had to close the alley. Then they said they would give balls and bowling pins to anybody. We got some and put them on the road in front of my house and played bowling there. We were all friendly.
As I entered this elementary school, there were five classes in the first grade, and in each class, there were 52 students! However, in those days, is was said that the factories polluted the air in Tokyo. So, the factories had to move to rural areas. Children of the factory families also had to move. That's how there became four classes when I became a 6th grader.
I have recently realized that ... well, do you have a dog? Where do you keep it? Maybe in your houses, right? In my childhood, people had a kennel just beside the house entrance. So, we were often surprised by dogs barking suddenly on our way home! Recently people have dogs in the house. When I was small, dogs and cats were walking around in the town.

Daisan-Azuma elementary school will become 145 years old next year, I hear. When I was in the 5th grade, it was the 100th birthday of the school. We made a song, "Ceremony Song" with all the students and teachers. We wrote the words and a music teacher composed it. We all wrote something for the words, and the sixth grade students arranged them to the lyrics.

I don't know how to close my speech, but that's all I wanted to talk about. Thank you very much for listening.

令和元年10月15日(火曜日)  後期始業式 式辞


「自分で、自分から」

 おはようございます。皆さんがこうして、元気に登校できて本当にうれしく思います。
 日本は、地球の北半球というところに、海に囲まれて、北過ぎず、南過ぎず、ちょうどいいあたりにあるおかげで、はっきりとした四季、春夏秋冬がありますね。季節によって、天候や気温、木々などの周りの風景も常に移り変わっていきます。加えて、先日のような台風もよく来るし、地震も起こりやすい、自然災害の多いところです。だから、昔から日本の人たちは、すべてのものは変わっていく、いつまでも同じままとどまるものはない、今日何でもなくても、明日同じであるという保証はない、人生ははかないという考え方が染みついていました。6月の暗唱課題『方丈記』の始まりは、まさにそのようなことを語っています。

行く河の流れは絶えずして
しかも元の水にあらず
淀みに浮かぶうたかたは
かつ消え、かつ結びて
久しくとどまりたるためしなし
世の中の人と住みかと
また、かくのごとし

 土曜日の台風で怖い思いをした人も多かったでしょう。川が氾濫して、堤防が決壊し家が流されたり、水につかってしまった人がたくさん出てしまいました。なくなられた方もたくさんいらっしゃいます。皆さんの中には、近くの学校に避難した人もいたでしょうか。墨田区は川に囲まれた、低い土地の地域です。隅田川や荒川、中川が決壊しなくて本当によかったですね。無くなられた方、被災された方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 さて、今日から早速令和元年度の後期が始まります。皆さん一人一人は、終業式でお話ししたように、「自立・共生・健康」の目標に向かって頑張ってほしいと思います。
 この三つの目標は、どれも大切なもので、こっちよりこっちの方が重要だと言えないものです。ですが、今、皆さんに特に意識して頑張ってもらいたいのは、「自立 自ら学び、考え、行動する人」です。
 昨年度の後期の時にもお話ししましたが、皆さんには「自分で、自分から」何事にも向き合うことができるようになってほしいと願っています。目標の「自ら学び、考え、行動する人」は、もっと詳しく言うと、「自分から進んで学び、自分でしっかり考え、自分から行動する人」という意味ですね。「自立」っていうのは「自分で、自分から」できるようになると言うことです。
 そのために、今、皆さんは学校でいろんな事に取り組んでもらっています。学校でやっている、すべての取組は、皆さんが「自立」を成し遂げるための第一歩である「自ら学び」の部分です。特に、学校の勉強は、皆さんが自分で、自分から何事にも向き合っていけるようになるために必要な、頭を鍛える訓練なんです。しっかり勉強して、賢くなると、自分で考えて、正しい行動がとれるようになります。例えば、今回のような災害が起こったときにも、命を守るために何をすればよいか、自分で考えられるようになります。
 今日から、後期が始まります。皆さんは、今まで以上に、しっかりと勉強して、賢い人になってほしいと思います。

Tuesday, October 15th, 2019 The Opening Ceremony Address for the 2nd Semester


勉強を頑張りましょう

Japan is located in the northern hemisphere, surrounded by the sea and the ocean, not too far north, not too far south. It is located in such a place that we have four clear seasons; spring, summer, fall and winter. As the seasons turn on, the weather, temperature and the scenery are always changing. As well, we often have natural disasters; typhoons, like the other ones, come very often, and we have many earthquakes in Japan. That's why a unique sense is deeply ingrained in the mind of people in Japan that everything is always changing, nothing remains the same, even if today is OK, we can't tell we will be OK tomorrow, life is uncertain. In Kamono Chomei's Hojoki, which I showed you for the recitation task in June, he wrote about this exact sense:

A river's flow never stops
and yet its water never stays the same.
Foams float upon its pools,
scattering, re-forming,
and they never stay long.
So it is
with men and all dwellings
here on earth.

I guess many of you were scared of the typhoon that arrived last Saturday. Rivers flooded and embankments collapsed. Houses were carried away, and a lot of houses were submerged under water. Some of you might have taken refuge in Terajima Junior High School. Sumida City is a low land place, which is surrounded by some rivers. We were very lucky that the Sumida river, the Arakawa river and the Nakagawa river didn't overflow. I'd like to show my sincere condolences and sympathy to those who did experience flooding.

By the way, today is the opening day for the second semester of the school year. As I told you in the closing ceremony, I want you to try your best to achieve our school educational goals; Independence, Living Together, and Health.
You know these three goals are equally important. No single one is better than the other. However, today, I dare say that I want you to try your very best on the first goal; Independence - A person who learns, thinks and acts independently.
I told you the same last year. I want you to become able to do anything "by yourself, and from yourself." Explaining about this school educational goal more precisely, it means a person who learns a lot of things proactively from him/herself, thinks proactively by him/herself and acts proactively from him/herself. 'Being independent' means 'to become able to do anything proactively by yourself.'
For that purpose, we have you try a lot of things at school. What you try now at school is the first step for you to achieve the school educational goal, for 'learns independently.' Especially, studying at school is training for your brain, so that you will face any difficulties proactively by yourselves. If you study hard, and become wiser, you'll be able to think rightly, and act rightly. For example, during a time like the disaster we've just had, you will be able to judge what you should do to save your own lives.
The second semester just started today. I want you to study harder than before, and to become wiser.

令和元年10月11日(金曜日)  令和元年度前期終業式 式辞


教育目標の達成度を確認しました

 今年度が始まった4月は「平成」時代の最後の月となり、5月からは「令和」の時代に変わりました。そんな特別な今年、令和元年度は今日でちょうど半分が終わります。今日は令和元年度前期の終業式の日です。
 さて、今年度は、第三吾嬬小学校の学校教育目標を新たに制定した年です。4月の特別暗唱課題にしたり、毎回の朝礼でみんなで唱えたりして、もう全員が言えるようになっていることと思います。さあ、その目標に向けて、ここまで皆さんはどれだけ成長できたでしょうか。ちょっと振り返ってみましょう。
 まずは、「自立」です。「自立」は、どんな姿の人を目指した目標ですか? そうですね。「自ら学び、考え、行動する人」です。これは、教科書を使ってする勉強の話だけではありません。学校では、みんなは先生や友達と一緒に生活しながら、いろんなことを学んでいます。勉強はもちろんのこと、友達と仲良くするためにはどうすればいいのか、地震や台風が来たときは何に気をつけて、どうすればいいのか、いつも元気に過ごすためにはどんなことをすればいいのか、などなど、本当にいろんなことを学んでいます。そして、学んだことを元にして、自分でしっかり考えて、よいことと悪いことが判断できるようになることが大切です。さらに、その考えたことを、実際に行動に移すことができる人になってほしいと思います。例えば、先日から代表委員さんたちが、「かかとそろえ」の取組をしてくれています。学校をよくするために、自分たちで何ができるかを考え、そのために「かかとそろえ」の呼びかけをしてくれました。このおかげで、これまでつい忘れがちだった人も、かかとをそろえることがよいことであると気づき、そろえることができるようになっています。こうして、みんなのかかとそろえがうまくいくようになって、学校は前よりももっと素敵な学校になりました。
 「自立」自ら学び、考え、行動する人  今の自分は、4月の時の自分よりも、自分で進んで学び、考え、行動できる人になってきましたか? 完全にできるようになったのが100点だとしたら、今は何点くらいまでいっていますか? ちょっと近くの人と自分は何点くらいかなと確認してみてください。

 次は、「共生」です。「共生」は、共に生きると書くというお話をしました。「共生」はどんな姿の人を目指した目標ですか。「思いやりをもち、共に生きる人」ですね。私たちは一人きりでは生きていくことができません。私たちは、たくさんの人に助けられて生きています。そして、同時に、私たち一人一人も、自分でも気がつかないけれど、誰かの役に立っているんです。お互いに、「ありがとう」って、感謝の気持ちをもって生きていけるといいですね。
 さて、身近なところで言うと、皆さんは、これまで友達と仲良くすることができましたか? 意地悪したりしませんでしたか? みんなで何かするとき、協力しようとしましたか? 4月から今日までの自分は、どれくらい「思いやりをもち、共に生きる人」になっていますか。今、自分自身、100点満点中何点くらいですか?

 最後に「健康」です。「健康」の目標で、目指す姿はどういう人だか覚えていますか。「しなやかで丈夫なこころとからだをもつ人」ですね。この目標を達成するために、みなさんはこの4月から、外でたくさん遊ぶことができましたか? 体育の授業を一生懸命に頑張りましたか? 好き嫌いせず、残さず給食を食べられましたか? 早寝早起き朝ご飯はきちんとできていますか? 今の自分は100点満点中何点くらいですか?

 今日、皆さんの担任の先生から、「学習と生活のおしらせ」という通知表が渡されます。そこには、皆さんがこの4月から頑張ったことや、よくできるようになったこと、それから、ここのところをもっと頑張った方がいいですよということが書かれています。担任の先生がたが心を込めて、皆さん一人一人のために一生懸命書いてくださいました。おうちに帰って、おうちの人と一緒によく読んで、この前期の振り返りをしてみてください。そして、今よりももっともっと目標の姿に近づけるように頑張っていきましょう。
 後期は、全校遠足やマラソン大会、音楽会など、楽しい行事もたくさんあります。みんなで、「自立・共生・健康」の目標に向かって頑張りましょう。 

Friday, October 11th, 2019 The Closing Ceremony Address for the 1st Semester in 2019 Principal Kawanago


前期を振り返って

 The month when we started this school year was the last month in the Heisei era, and the Reiwa era started in May. Today is the last day of the first semester in such a special school year, the first school year of Reiwa. We have just finished half of the year.
Also, this is the year we changed the school educational goals. I believe all of you can recite the school educational goals, because I asked you to learn them by heart by giving you a special recitation task for April and to recite them together during every morning assembly. How have you grown up to achieve the school educational goals? Let us review the course we have followed until today.

First, Let's think about "Independence." What kind of person do we aim to be with "Independence?" Yes, "a person who learns, thinks and acts independently." This is not only for studying with your textbooks. You learn a lot of things with teachers and friends. Not only by studying do you learn what you should do to make friends with others. You learn what you should notice and how you should act when a big earthquake or typhoon comes. You learn what you should do to keep yourself healthy. You truly learn many, many kinds of things. Then you must become people that can tell right things from wrong things by thinking by yourselves with what you have learned. Moreover, it is very important to become able to act properly according to your judgement. For example, the representative committee students have been having a campaign for kakatosoroe (putting your shoes neatly in shoe boxes). They thought of this way to make our school better by themselves, and started the campaign. Thanks to the campaign, students who hadn't realized what to do started to put their shoes neatly in their own shoe boxes. Now most of the shoe boxes look so neat that the school has become better.

"Independence - A person who learns, thinks and acts independently" Compared with the past you in April, have you become able to learn, think and act more independently? What percent would you say you have reached when 100% is the perfect? Talk about it a little with your neighbors right now.
Next, "Living Together." I told you that we write Kyosei with two Chinese characters; 共together and 生to live. What kind of person do we aim to become with "Living Together"? "A person who lives together with Omoiyari (sympathy)." We cannot live alone. We are alive with the great help of many other people. At the same time, though we may not be aware, we are all helpful to other people, too. I hope we can live with gratitude to other people.

Review your life from April. Have you made friends with your school mates? Did you avoid doing anything spiteful to your friends? Were you trying to cooperate with others when you did something together? How well have you become a person who lives with Omoiyari? What's your score?

Lastly, "Health." What does this goal aim for? Yes, "A person who has a supple and strong mind and body." To achieve this goal, did you play outside in the school ground a lot? Did you try hard in P.E. class? Did you eat everything in school lunches? Do you go to bed early, get up early, and eat breakfast every day? What's your score for the past 6 months?
Today is the day to review your first semester. You will be given the school report, "Report of Studying and School Life" from your homeroom teachers. Your teachers wrote 'what you tried hard to do,' and 'what you have become able to do' and 'what you should try harder to do.' Your teachers wrote them to each of you with their heart. When you go home today, read it with your parents and review this past semester.

In the second semester, we'll have a school excursion, a marathon competition, and the music festival which you're looking forward to. I hope you'll try your best in the next semester to achieve our school educational goals; '"Independence, Living Together, and Health."

令和元年10月7日(月曜日)  「あいさつについて」  4年担任 N.R.先生


N先生

先生が中学3年生の時の話です。今の三吾でいう代表委員会の中の委員長でした。先生が通っていた中学校では「評議委員会」という名前でした。
ある日、その評議委員会の担当の先生から「西方君、あいさつ実行委員長をやりなさい。」と言われました。仕事内容は2つです。1つ目は、朝7:45までに学校に来て、校門の前であいさつをすること。2つ目は、給食の時間にあいさつについて全校に放送で話をすること。これを聞いたときに最初に思ったことは、「面倒くさい」でした。私は今でも朝が苦手で、登校しなければいけない時間を守って登校していたのに、さらに早く来ることが嫌でした。給食の時間の話も、放送をする前に話をする内容をノートに書きだし、担当の先生にチェックをしてもらわなければいけなかったので、休み時間は遊ぶことができませんでした。何より、「あいさつをそんなに大切に思う必要があるのか」と思っていました。
嫌々ながらも、与えられた仕事だったのでやりました。時には7:45に間に合わず怒られることもありました。でも、やっていて思うことがありました。あいさつを返された時と何も言わず素通りされた時の気持ちの違いにです。小さな声でも私に聞こえる声であいさつを返してくれるととても嬉しくなりました。逆に何も言わず、ぶすっとした顔で通り過ぎられるとイラっとしました。
今、私は三吾小の先生として過ごしていて、あいさつを返されて嬉しい気持ちとあいさつを返されずに嫌な気持ちとどちらが多いでしょうか。あいさつをしたから何か得を得られるわけではありません。でも、中学3年生の時の「あいさつ実行委員長」の経験が、私はとても良かったこととして心に残っています。
 ところで、「元気なあいさつ」ってどんなあいさつですか? ちょっと確認してみましょう。(一人の先生にあいさつをする)「〇先生、おはようございます!」 (暗い感じに、小さな声で)「おはようございます。」
 あれ? 今のはどうですか?「元気なあいさつ」でしたか? そうではありませんでしたね。 それでは、もう一度やってみましょう。「〇先生、おはようございます!」 (大きな、明るい声で)「おはようございます!」
とっても元気なあいさつでしたね。
 自分からあいさつすることは勇気が必要ですが、とても素晴らしいことです。皆さんが元気なあいさつができるようになるといいなと思います。
 これでお話を終わります。

Monday, October 7th, 2019 "Let's Think About How to Greet Each Other" by Mr. N.R., a 4th grade teacher


元気なあいさつって?

I'm going to tell you a story about when I was in the 9th grade. I was president of the representative committee. We called the committee 'the council.'
One day, the teacher in charge of the council told me to become the head student for a greeting project. The task of the head students were these two; to come to school by 7:45 a.m. and say good morning to all the students and to announce comments about the morning greeting of the day during the lunch time broadcast. When I first heard about that, I thought it would be troublesome. Though I'm still not good with mornings now, I was trying hard to come to school on time in those days. It was hard for me to come earlier. About the announcement in the lunch time, I had to write the comment and have it checked by the teacher in advance. That's why I could not play during break time. Above all, I was thinking "Is the greeting so important?"
I reluctantly did what I should do. There were times when I was late and scolded. However, while I was doing it, I came to realize that I felt differently between when I got a reply to my greeting and when I did not. I felt happy when I got a reply, even if the voice was low. On the contrary, I was irritated when students just passed by with no smiles or greetings.
Now I'm a teacher of this school. How do you think I feel every day when I say good morning to you students? Am I happy or unpleasant? You know even if you greet others, you won't get any rewards. Yet, I have such a memory about the greeting project. I think it's great to greet each other. Well, what do you think is a 'good' greeting? Let's compare. (Greeting a teacher) "Good morning, Mr. C!" (Mr. C replied in a low voice, gloomily.) "Good morning..."
Was that good? What do you think? OK, let's do it again. "Good morning, Mr. C!" "Good morning!" (Mr. C replied cheerfully.) Yes, that's it.

You may need some courage when you first try to greet others by yourself. I want you to try, because it's really good to greet each other cheerfully.

Thank you.

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

第三吾嬬小学校

住所:〒131-0041 八広二丁目36番3号
電話:03-3617-7513
交通アクセス
Copyright(C) Daisanazuma Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る