このページの先頭です
第三吾嬬小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 第三吾嬬小学校 の中の 学校の紹介 の中の 今週の朝礼 (平成31年4月)  Morning Assembly Speeches (April 2019) のページです。

本文ここから

今週の朝礼 (平成31年4月)  Morning Assembly Speeches (April 2019)

更新日:2019年4月22日

朝礼の講話をご紹介します。   Here you can read the morning assembly speech of the week!

平成31年4月22日(月曜日)  「新教育目標(その2) 『共生』について」  川中子校長


「共生」

 先週から3回シリーズで新しい教育目標についてお話ししています。先週話した一つ目の目標は覚えていますか。「『自立』自ら学び、考え、行動する人」ですね。今日は二つ目の「共生」についてお話しします。
「共生」って何でしょう。あまり聞き慣れない言葉ですね。「共生」は、こういう漢字を書きます。「共」というのは「ともに」とも読みます。「生」は「生きる」ですね。つまり「共生」は「共に生きる」ということです。
 私たちは、一人では生きていくことはできません。皆さんも、家族や先生たちに、いろいろ助けてもらっているでしょう。でも、そういう身近な人たちだけでなく、私たちの命は、数え切れないほどたくさんの、多くの命に支えられているのです。ちょっと考えてみてください。今日、ちゃんと朝ご飯を食べてきましたか?その朝ご飯を用意してくれたのはおうちの人でしょう。でも、その食材、たべものそのものは、お店で買ってきたものですね。お店の人が売ってくれなかったら食べられませんでした。でも、お店の人も、また別の人から買ってきたんです。その別の人も、また別の人から・・・というふうにたどっていくと、お米や野菜だったら、農家の方が育てたものです。魚だったら、漁師さんがとってきたものです。そうやって、みんなの食べた朝ご飯には、みんなの知らないところで、たくさんの人たちが関わっています。そして、忘れてはならないのが、みんなが食べた食べ物そのものは、元々はそれぞれ生きていた命そのものだということです。私たちは、生きていくために、多くのほかの命をいただいているのです。そう考えたとき、大事なのは、私たちは、多くのほかの命に支えられ、生かされているのだと気づき、感謝することです。
 これからの世界で、みんなが幸せに生きていくためには、周りの命と協力することが大切です。みんなは、周りの人と仲良くしていますか。みんなの周りには、いろんな人がいるから、もしかすると、とても仲のよい人もいれば、そうでもない人もいますね。気が合う人、合わない人がいるでしょう。自分と同じような考えの人もいれば、まったく違う考えの人もいます。「わたしはこれが好き、これがいい」と考え、判断する元となるものをその人の「価値観」といいますが、似たような価値観をもっている人、そうでない人がいます。もしかすると、自分と似た価値観をもった人の方が、少ないかもしれません。でも私たちは、みんなで助け合って生きていかなければなりませんから、自分と考え方の違う人とも、協力することが必要になってきます。そこで大事になってくるのが、自分と違う考えの人を、だめ、といって遠ざけるのではなく、お互いに相手のことを理解して、共に幸せに生きる道を探す努力をすることです。そのために、去年の一番はじめの暗唱で取り組んでもらった「鈴と、小鳥と、それからわたし。みんな違って、みんないい」と、相手のいいところを見つけられる人になることです。お互いに、かけがえのない、大切な存在だと言うことを認め、考え方は違っていても、共に生きていく仲間として、相手を大切にしていこうという態度です。その、大本に必要なのが「思いやり」です。私たちは、周りの命と共に生きていくために、相手のいいところをみつけようと努力すること、相手を思いやる気持ちがとても大切です。
 友達と共に生きる。男と女が共に生きる。障害のある人と共に生きる。言葉の通じない外国の人と共に生きる。違う神様を信じている人たちと共に生きる。人だけでなく、自然や動物、ほかの命と共に生きる。この地球と共に生きる。「共生」とは「思いやりをもち、共に生きる人」になるための目標です。とても大切な目標です。

Monday, April 22nd, 2019 "Our New School Educational Goals #2 Living Together" by Principal Kawanago


The Last Morning Assembly in Heisei Era

I have been talking about our new school educational goals in a series of three, starting last week. Do you remember the first goal I talked about last week? Yes, it was "Independence - a person who learns, thinks and acts independently." Today, I'm going to talk about the second goal, "Living Together - a person who lives together with Omoiyari (sympathy)."
What does 'Kyosei (Living Together)' mean? I believe it's an unfamiliar word for you. In Kanji (Chinese characters), it is written like this; "共生." "共(kyou)" can also be read as "tomoni (together)" and "生(sei)," as "ikiru (to live)." So, 'Kyousei' means 'tomoni ikiru (to live together).'
You know we cannot live alone. You must be helped by your parents and teachers everyday. However, we can live with being helped and supported, not only by the people close to you, but also by uncountably many, many others. Let me give you an example.
Did you have your breakfast this morning? It was your parents that served it for you, wasn't it? Yet, the food itself was from a store where your parents bought it. You couldn't have eaten any food if the storekeeper didn't sell it to your parents. Yet, storekeepers also bought the food from some other people, and they also bought it from other people... rice or vegetables, for example, were grown by farmers; fish were caught by fishermen. Thinking like this, so many people are concerned with the breakfast you ate this morning, while you know nothing about them. And one thing you mustn't forget is that the food itself once was alive itself. We take so many other creatures' lives to live ourselves. It's very important to know that our lives depend on so many other lives and to thank them.

In order to live a happy life in this world, from now on, we must cooperate with others. Are you getting along with other people around you? As there are so many people around you, I think you have friends who you get on really well with and who you don't really get on very well with. There are people whose ways of thinking are close to yours, and whose are completely different from yours. The essential ideas that make you decide "I like this," or "I think it's good," are called our 'values.' There are people whose values are close to yours and people whose values are different from yours. There may be fewer people who agree with you than who disagree with you.  Yet, we should live together, helping each other, with the people whose values are different. We must cooperate with those people, too. To live successfully, we must make an effort together to respect each other and look for a way to live happily together, to not deny and exclude different ideas. We must become people who can always find another person's good points, like in the first recitation task I gave you last year , "A bell, a little bird, and me myself. Each one is different, and each one is good." The important thing is to have the attitude that we respect each other's lives as they are so precious, even though our values are different. This is based on Omoiyari (sympathy). It is very important for us to have Omoiyari and to make an effort to find out another persons' good points, in order to live together with the people around us.
To live with friends. To live with the opposite sex. To live with handicapped people. To live with foreigners who don't speak Japanese. To live with people who believe in different gods. And not only people, but to live with nature, other creatures on earth, and with the earth. The new school goal, "Kyosei (Living Together)" is a goal for us to become a person who lives together with Omoiyari. It is a very important goal.

平成31年4月15日(月曜日)  「新教育目標(その1) 『自立』について」  川中子校長


1年生も加わりました

 新しい教育目標をみんなに覚えてもらいたいので、4月限定の暗唱課題にしました。「自立、共生、健康」もう覚えましたか。それでは、先生たちがどうして新しい教育目標を作ったのか、新しい教育目標にはどんな意味があるのか、今日から3回の朝礼でお話ししていきます。
 今日は、一つ目の目標「自立」についてです。
 「じりつ」という字は漢字ではどう書くか分かりますか。3年生以上の人は分かるかな?そうです。「じりつ」というのは「自分で立つ」と書きます。
 テレビなどで、馬や鹿の赤ちゃんがお母さんから生まれるところの映像を見たことある人はいますか。馬や鹿の赤ちゃんなどは、生まれて1時間もすると自分で立ち、歩けるようになります。どうしてでしょう。
 馬や鹿の赤ちゃんがすぐに歩けるようになるのは、そうしないと命がなくなる可能性があるからです。他の動物に食べられてしまうかも知れない。だから、すぐにでも自分で歩いて逃げられるようにならないとなりません。馬や鹿にとって、「自分で立つ」というのは、「自分で自分の命を守る」、「自分で生きていく事ができるようになる」ということなのです。
 人間はどうですか。人間の赤ちゃんは生まれてすぐは「おぎゃー」と泣くこと位しかできません。お母さんが助けてあげないとおっぱいを飲むこともできません。つまり、一人では生きていくことができないのです。人間の生き方は他の動物とは違います。人間が身に付けなければならないことは他の動物よりもたくさんあるので、長い時間を掛けて大人になっていくのです。
 だから、新しい教育目標の「自立」は、みんながどんな大変なことがあっても、自分で生きていけるようになってほしいという願いを込めて作りました。自分で考えて、正しい行動ができるようになってほしい。でもそうなるためには、みんなはいっぱい勉強しなければいけません。そして、自分から学ぼうとすることが大切です。そこで、「自立」の目標の、目指すべき姿は「自ら学び、考え、行動する人」としました。
 今は皆さんは小学生ですから、お父さん・お母さんや先生に助けてもらっていいです。でもいつまでも助けてもらっているだけではだめです。一人でいろんな事ができるようになっていってほしい。そのために、自ら学び、考え、行動する人になってください。
 それでは最後に、一つ目の教育目標を、声を出して言ってみましょう。
 「自立 自ら学び、考え、行動する人」

Monday, April 15th, 2019 "Our New School Educational Goals #1 INDEPENDENCE"  by Principal Kawanago


校長

Good morning, everyone. As I want all of you to learn them by heart, I’ve given you a recitation task, for April; it’s learning the words of the new School Educational Goals for Daisan-Azuma Elementary School. They are “Independence, Living Together and Health.” Have you learned them by heart yet?
I’d like to talk about the reasons why we teachers have made the new school educational goals, and what those words mean, in three morning assemblies including today.
So, today, I’m going to talk about the first goal; Independence.
Do you know how we write ‘jiritsu (independence)’ in kanji (Chinese characters)? I think students in the 3rd grade or higher know that. Yes, ‘jiritsu’ is written as “自立,” ‘to stand up by oneself.’
Have you ever seen a baby horse or deer which has been just given birth to by its mother on TV or somewhere else? A baby horse or deer can stand up by itself and begin to walk just one hour after their birth. Why do you think they can do such things?
It’s because their lives are in danger if they can’t stand up and walk. Other animals might eat them! That’s why they must become able to stand up by themselves and run away from their enemies. So, for a horse and a deer, ‘to stand up by themselves’ means ‘to protect their own lives by themselves’ and ‘to become able to live by themselves.’
What about human babies? Human babies can only cry and they cannot even be breastfed if their mothers won’t help them. That is, human babies cannot live by themselves alone. We are different from other animals. We need a long time to grow up, because we have so many more things to learn than other animals do.

That’s why we teachers have made the first goal with a hope that our students will become able to live by themselves even during any hardship. We want you to think by yourselves and do the right things by yourselves. Yet, to be like that, you must study hard and learn a lot. Also, it is very important that you try to do these things independently. So, as the actual image of the goal, ‘Independence,’ we have decided on ‘a person who learns, thinks and acts independently.’
You are elementary school students now. It’s OK to be helped by your parents and teachers. Yet you cannot be helped forever. We want you to become able to do many things by yourselves. In order to do that, be a person who learns, thinks and acts independently.

Lastly, let’s recite the first words of the school educational goals.

“Independence: A person who learns, thinks and acts independently”

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

第三吾嬬小学校

住所:〒131-0041 八広二丁目36番3号
電話:03-3617-7513
交通アクセス
Copyright(C) Daisanazuma Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る