このページの先頭です
第三吾嬬小学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

サイトメニューここまで

現在のページ 第三吾嬬小学校 の中の 学校の紹介 の中の 今週の朝礼 令和2年3月  Morning Assembly Speeches of The Week (Mar.) のページです。

本文ここから

今週の朝礼 令和2年3月  Morning Assembly Speeches of The Week (Mar.)

更新日:2020年3月2日

朝礼の講話をご紹介します   Here you can read the morning assembly speeches of the week!

令和2年3月2日(月曜日)    「英語の力」  川中子校長


マララさんとグレタさん

Good morning, everyone. How are you doing?
This is Principal Kawanago speaking to you from the Broadcasting Room.
I was supposed to play the piano and sing a song in English for you today. But, due to the prevention of the COVID-19, we cannot get together in the gym. Moreover, I’m very sorry to announce that we will have to close the school until the end of March.
(おはようございます。みなさん、元気ですか? 放送室から校長の川中子が話します。本当だったら、今日はピアノを弾いて、英語の歌を歌うつもりでした。しかし、新型コロナウイルス肺炎の感染防止のため、今日は体育館に集まることができなくなってしまいました。さらに、残念なことに、今日の午後から3月いっぱい、学校が休校になることになりました。)

So, I’m going to talk about what I was planning to talk to you today.
The other day, I saw a photo on a website. I also saw the photo in newspaper the next day. It was a photo of two wonderful girls, Malala Yousafzai and Greta Thunberg, who have changed the world. They had courage and passion, when they appealed to the world. And one of the reasons they could do such great things is that they speak English, although both of them are non-native speakers of English.
(そんなわけで、今日、話したいと思っていたことについてお話しします。後略)

去年の4月、この令和元年度が始まったときに、校長室の前に張り出したメッセージに気づいた人はいますか。去年の4月にわずか10歳で日本の囲碁のプロ棋士になった仲邑菫さんの写真によせた私からのメッセージです。
「子供だからってあきらめない! 
君たちには、はかりしれない可能性がある  
もちろん、夢をかなえることは簡単なことではない 
どこまでも自分を信じて、努力を続けた人だけが夢をかなえることができる 
春は新しいスタートの季節 
自分の夢に向かって歩き出す時」

実は、先日、インターネット上である写真を見つけました。次の日の朝刊にも、その写真が紹介されていました。それは、この世界を変えた二人の少女の写真でした。一人はもう22歳の大学生で、パキスタン出身のマララ・ユサフザイさん、もう一人はスエーデンの17歳グレタ・トゥーンベリさんです。マララさんは、自分の国で女の子が学校に行くことができないということに抗議して有名になり、15歳の時、敵から狙われて銃で頭と首を打たれました。しかし、奇跡的に助かって、その後もパキスタンで女の子もちゃんと学校に行かれるように活動をし、17歳の時当時最年少でノーベル平和賞を授与されました。
一方、グレタさんは、15歳の時、地球の気候変動に対して何もできない大人たちに抗議するため、スエーデンの国会議事堂の前に学校を休んで座り込みをしました。これがニュースになり、世界中で話題になりました。昨年、世界中の国々や国連などでもスピーチをしました。二人とも、まだ中学生か高校生くらいの時に、世界中の人たちの心を動かし、世界を変えた人たちです。

この二人は、とても勇気がありますね。大人の人たちにむかって、悪いことは悪い、今こうしなければいけないって、強く訴えているんです。マララさんは、命まで狙われたのに、それでも訴えることをやめませんでした。二人とも、まだ子供なのにすごいですね。
この二人が、ここまで世界中の人たちの心をつかんだ理由はいろいろとあるんですが、私はその理由の一つは、二人が「英語で」話したことだと思っています。二人とも、自分の国語は別の言葉ですが、英語でも自分の考えや気持ちを正確に伝えることができるんです。もし、二人が自分の国の言葉で話すだけだったら、こんなに世界中の人には伝わらなかったでしょう。
皆さんは、学校で少し英語の勉強をしていますね。暗唱の課題に取り組んでいる人もたくさんいます。小学生のうちに、英語が話せるようになるのはとても難しいことですが、今教わっていることを少しずつでも使えるようにしていくと、いつか英語でも自分の考えや気持ちが伝えられる人になりますよ。私も、中学生の時から英語の勉強を始めて、今ではいろんな国の人たちと英語でお話をすることができます。でも、今でもまだ勉強中です。
皆さんも、ぜひ一つずつでいいから、英語を使いながら覚えていってください。英語ができると、皆さんの世界は大きく広がります。

さて、残念なことに、新型コロナウイルスの感染がとても心配になってきたせいで、今日の午後から3月いっぱい、学校がお休みになりました。突然のことで、日本中の人がびっくりしています。これから今年度最後の一ヶ月でやりたいことがたくさんあったのに、残念ながらできなくなってしまいました。でも、このお休みは、皆さんの命を守るために、国の偉い人たちが考えたことです。皆さんは、手洗い、うがい、マスクをつける、咳エチケットなど、自分たちでできることをしっかりやって、病気にかからないように気をつけてください。
次に皆さんに会えるのは、6年生は24日の卒業式、1年生から5年生の人たちは25日の修了式の日の予定です。詳しいことは、各クラスの担任の先生から聞いてください。
学校はお休みの間も、あいています。先生たちはいつも通りに学校にいる予定です。何か困ったことがあったり、勉強で聞きたいところがあったら、連絡してください。
それでは、みんなが元気に過ごすことができることを祈っています。
これでお話を終わります。

Monday, March 2nd, 2020 "About the Power of English" by Principal Kawanago


子供だからって、あきらめない!

(The Principal talked the first line in English. You can read it above in Japanese section.)

In April last year, I put a message on the wall of the Principal’s room. Did you notice it? It was the beginning of this school year. I put a photo of Nakamura Sumire, who became a professional Igo player last April, when she was only 10 years old.
The message is:
“Never give up, just because you are a child!
You have immeasurable possibilities.
Of course, it’s not easy to make your dream come true.
The one who can believe in him/herself and make efforts endlessly
can only do that
Spring is the time we start new life.
It’s the time to start walking toward your dreams.”

The other day, I saw a photo on a website. I also saw the photo in newspaper the next day. It was a photo of two wonderful girls who have changed the world. One is Malala Yousafzai, of Pakistan, who is 22 year-old university student, and the other is Greta Thunberg, a 17-year old girl of Sweden. Malala became well-known because she appealed to the world that girls could not go to school in Pakistan. When she was 15 years old, she was shot in the head and the neck by the enemies. However, she recovered miraculously, and after she got well, she continued to act for the right for the girls in Pakistan. She got the Nobel Peace Prize at the age of 17, which was the youngest. While Greta acted against the adult people of the world that do nothing for climate change. She was 15, and refused to go to school and sat in front of the parliament of Sweden to appeal. This became a big news, which was conveyed to the world. She made speeches in many countries and even in the UN last year. Both of them were only junior or senior high school students, when they moved and changed the world.

You know they have courage. They told the adult people that what is wrong is wrong, we must do something. Both of them were not grown-ups. They are great, don’t you think?
There are, of course, reasons that enable them to move the world. However, I think one of the reasons they could do such great things is that “they speak English.” Both of them have their own native languages, but they can communicate in English too. If they spoke only their own languages, their message had not reached the world like this.

You learn English at school now. Many of you try my English recitations. It’s difficult to become able to speak English freely while you are in elementary school. Yet, if you try to learn what you study at school, you’ll be able to tell your thoughts and feelings in English someday. I’ve started to learn English since I was a junior high school student, and now I can talk with people all over the world, though I am still studying it now, too. I want you to use English you have learned. If you can speak English, your world will expand.

So, unfortunately, due to the worry of infection of the COVID-19, we have to close the school from this afternoon until the end of March. It was decided so suddenly that all the people in Japan are surprised. We had planned to do a lot of things during this March, but we won’t be able to do those things at all. However, this closing has been decided by the leaders of Japan in order to save your lives. You must be very careful not to catch the virus. You can do hand wash, gargling, wearing surgical mask, and coughing etiquette to prevent the disease.

Next time we’ll see each other is, for 6th grade student, on 24th, Graduation Ceremony, for the students in the other grades, on 25th the Closing Ceremony. For further details, apply to your homeroom teachers.School is open during the closing period. Teachers are at school as usual. If you have any problems, are in trouble, have some questions about your study, please feel free to ask us.

I do hope you all are in good health. Thank you for listening.

このページのトップに戻る本文ここまで

以下フッターです。

第三吾嬬小学校

住所:〒131-0041 八広二丁目36番3号
電話:03-3617-7513
交通アクセス
Copyright(C) Daisanazuma Elementary School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る