このページの先頭です
吾嬬第二中学校
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス

  • 学校の紹介
  • スクールライフ
  • 行事予定
  • 学校の組織
サイトメニューここまで

現在のページ 吾嬬第二中学校 の中の 学校の紹介 の中の 教育目標を達成するための基本方針 のページです。

本文ここから

教育目標を達成するための基本方針

更新日:2011年4月1日

  • ア 人権尊重の教育を教育活動全体を通して推進し、あらゆる偏見や差別をなくし、自他の生命・人権を尊重する判断力と行動力を育成する。
  • イ 常に授業の改善と充実に努め、基礎的・基本的な学習内容の確実な定着を目指すとともに、個性を生かす教育を充実させ、自ら学び自ら考える力の育成を図る。
  • ウ 生徒の実態の把握や内面の理解を深め、心の教育を充実し、他人を思いやる心、社会に貢献できる豊かな人間性、正義感などの育成に努める。
  • エ 生徒の健康の保持・増進、体力の向上を教育活動全体を通して継続時に推進し、心身ともに健康な生徒の育成を図る。
  • オ 学校評価を活用して、家庭・地域との連携をさらに深め、評価を反映させた教育課程を編成し、「生きる力」の育成を目指した生涯学習の基盤づくりに努める。
  • カ 総合的な学習の時間は、「自分の生き方を考える」をテ−マとし、各教科で学んだことを生かすとともに、新たな課題に対し創造的に対応する意欲と力の育成を図る。
  • キ 学校年二学期制により、学校行事を通した集団活動の充実を図り、様々な体験活動を通して地域に貢献できる生徒の育成を図る。

指導の重点

ア.各 教 科

 指導法の工夫と学習内容の厳選を図りながら、学習の基礎基本を身につけさせるように努め、個に応じた指導の充実を図る。

  1. 全教科にわたり、生きる力を育成することを目指しながら、基礎基本の確実な定着を図り、教育内容の充実に努める。
  2. 生徒の特性に応じ、多様な学習活動を展開するとともに、基礎基本の定着を目指して補充的・発展的な学習を実施するために、選択教科の充実を図る。
  3. 観点別学習状況の評価を基本にして、目標に準拠した評価を徹底・実践するとともに、「個人内評価」を重視し、指導と評価の一体化を図る。
  4. 年間指導計画及び授業改善プランに基づき、確かな学力をはぐくむための指導方法の工夫・改善を図る。
  5. 保健体育では、引き続き男女共習のティ−ムティ−チングを、また、数学と英語では少人数指導を行い、個に応じた指導の充実を図る。

イ.道 徳

 全体計画に基づいた授業の中で、人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的判断力と実践力を培 う。

  1. 人を思いやる気持ちや、望ましい生活習慣を身につけさせ、心身の健康の増進を図るとともに、生命の尊重についての指導の充実に努める。
  2. 自主的に考え、誠実に実行して、その結果について責任がもてるような道徳的判断力や実践力を高める。
  3. 自然を愛し、美しい物に感動する豊かな心情の育成に努める。そのために、特別活動及び総合的な学習の時間と、道徳教育との関連を図りながら、実践の場を工夫する。
  4. 国際的視野にたって、世界の平和と人類の幸福に貢献できる豊かな人間性の育成に努める。1.人を思いやる気持ちや、望ましい生活習慣を身につけさせる。

ウ.特別活動

 年間指導計画に基づき、集団の中での生き方を考え、望ましい人間関係を育てられる能力の育成に努める。

  1. 学級活動では、学級の中の諸問題を話し合いによって解決し、互いを認め合い、理解していく態度の育成に努める。また、ゆとりある計画のもとに、進路や将来の生き方など主体的に取り組む能力を育てる。
  2. 生徒会を中心にして、人権尊重の精神を浸透させる活動やボランティア活動を活発にし、各種委員会が創意工夫をした活動ができるように指導を行う。
  3. 伝統ある学校行事の意義を理解させ、規律と秩序を重んじ、充実した学校生活を送る指導を推進する。
  4. 学校生活を、より豊かで充実したものにするため、儀式的、学芸的、健康安全・体育的、旅行・集団宿泊的、勤労生産・奉仕的行事などの体験的な活動の充実を図り、生徒が成就感や生きがいをもてるような指導を工夫する。

エ.総合的な学習の時間

 年間指導計画に基づき、生徒の生きる力をはぐくむため、生徒が自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、問題を解決する能力や発表する能力、態度を育成する。

  1. 「自分の生き方を考える」をテ−マとし、全体計画のもとに、職場訪問・職場体験など、さまざまな体験活動を取り入れた指導を工夫する。
  2. さまざまな人権課題を取り上げ、調べ学習や体験学習を通して、人権尊重の意識を高め、差別意識の解消を図る。

オ.生活指導

生活指導の全体計画に基づき、以下の1から8のように指導の徹底を図る。

  1. 基本的な生活習慣を身につけさせ、自律的な生活態度の育成に努める。
  2. スク−ルカウンセラ−やスク−ルサポ−トセンタ−相談員との連携により、日常から教育相談的な環境づくりを進め、手法の研修を重ねるとともに、家庭との連携を密にして、生徒理解に努める。
  3. 教師と生徒、生徒相互の人間関係を深めることを重視した指導の徹底を図る。
  4. 薬物に対する正しい知識や判断力の育成に努める。また、交通安全に対する意識の高揚を図るとともに、生命の尊重の心を培う。
  5. 性教育を推進し、人間の性に対しての理解を深めさせ、発達段階に応じた性やエイズに関する正しい知識の定着を図る。
  6. 学校週5日制をより有意義なものにするために、休日の過ごし方を適宜指導し、余暇の活用能力を育成する。
  7. 家庭や地域及び関係諸機関との連携を密にし、不登校やいじめ等の早期発見・早期解決に向けた的確な情報収集と素早い対応を実施する。
  8. 特別支援教育を推進し、その対応や指導方法などの工夫・改善に努める。

カ.進路指導

進路指導の全体計画に基づき、以下の1から4のように指導の徹底を図る。

  1. 学級活動や総合的な学習の時間の中に進路指導の時間を位置づけ、自己理解を深め、自己実現を図る態度を育成する。
  2. 進路計画の作成、進路情報の収集・整理等の指導を推進し、自らの生き方を主体的に考え、進路を選択する能力を育成する。
  3. 職業調べやいろいろな職場体験を通じ、積極的に社会参加するための勤労観や職業観を培う。
  4. 常に進路指導の工夫・改善に努め、全学年を対象とした進路ガイダンスの充実を図る。
このページのトップに戻る本文ここまで

サブナビゲーションここから

学校の紹介

サブナビゲーションここまで

吾嬬第二中学校

住所:〒131-0041 八広四丁目4番4号
電話:03-3617-2180
交通アクセス
Copyright(C) Azumadaini Junior High School. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る